【秋篠宮邸】なぜ改修工事が必要だった?費用44億の理由と間取りや画像は?

皇室

こんにちは、ララです☆

 

2年半かかった秋篠宮邸の改修工事が終わりましたね。

改修にかかった費用は44億円という、一般人には想像もつかない金額です。

 

今回の記事では、

秋篠宮邸が改修工事をした理由と、

44億円もかかったのはなぜだったのか、

また、間取りや画像もリサーチしてみました。

 

さっそく見てみましょう。

秋篠宮邸が改修工事をした理由は?

 

巨額の費用をかけて改修された秋篠宮邸。

なぜ秋篠宮邸は改修工事が必要だったのでしょうか。

 

秋篠宮殿下が皇嗣になられた

出典:プレジデントオンライン

 

まず一つ目の理由は、

秋篠宮さまがお代替わりで皇嗣になられて

待遇が皇太子と同等になったためです。

 

秋篠宮さまや紀子さまの公務が大幅に増え

それに伴い、職員の人数を増やす必要があり、

以前の広さでは手狭になったようですね。

 

建物の老朽化

 

秋篠宮邸は、旧秩父宮邸を改修し1997年3月から使用されていました。

25年以上経っていることから設備が老朽化していました。

今回の改修で、LED照明に交換したり、

防火対策を強化するなどの改修をされたようですね。

 

秋篠宮さまは改修に反対だった?

 

秋篠宮邸の改修工事について、

2006年と2011年にも改修の話が出ていたのです。

その理由は、やはり建物の老朽化と、

悠仁さまの誕生で手狭になるというものでしたが、

秋篠宮さまは、

「より古い宮邸の改修優先を」
「社会情勢に鑑みて控えて」

反対されておられたようですね。

 

それでも、皇嗣になられたことで、

海外からのお客様をお招きすることなどもあることから、

改修が決まったようです。

 

一方で、

急激な物価高に苦しむ国民からすると、

44億円という浮世離れした改修費用に、

納得のいかない人が多いのも事実ですね。

改修費用が44億円もかかった理由は?

 

秋篠宮邸の改修費用は44億円でした。

なぜここまで巨額の費用がかかったのでしょうか。

 

海外の要人を招くため

 

秋篠宮さまが皇嗣になられたことで、

秋篠宮邸には海外の要人を招く機会が増えます

そういった人たちに失礼のないよう、

44億円という驚きの改修費用をかけたとのことです。

 

新秋篠宮邸の総工費は約34億6000万円で、

使えるものは再利用するなどして、

これでも予算を切り詰めたそうですよ。

とはいえ、

◆「もっと金(きん)を使用して欲しい」
◆「大理石はイタリア産が好ましい」
◆基準よりトイレがかなり多く設置
◆壁紙は50年前と同じものを特注

といった要望するなど、こだわりがあったようです。

特に、国内の資材で間に合うものも海外から調達させるなど、

輸送費だけでも相当な金額になりますね。

 

ちなみに、天皇陛下がお住まいの御所の改修費用は、

約8億7000万円でしたので、約3.5倍の金額がかかったのですね。

 

仮住まいの御仮寓所が9億8千万円!

出典:朝日新聞

 

秋篠宮邸の改修工事の間、

ご一家は「御仮寓所(ごかぐうしょ)」に移り住まれていました。

この御仮寓所は約9億8千万円をかけて新設されたものです。

 

仮住まいに10億円近くって…

 

御仮寓所は鉄筋コンクリート造りの3階建てで、

延床面積は約1378平方メートルでした。

一般人の戸建ての平均延床面積は約111平方メートルですから、

仮住まいの家が、一般人の家の12倍以上という計算になります。

 

改修が終わり引越したら、

仮住まいは秋篠宮ご一家を支える職員が、

事務スペースとして使用するそうです。

新・秋篠宮邸の間取りや画像は?

 

改修された秋篠宮邸の間取りを見てみましょう。

出典:テレ東BIZ

 

各部屋の広さが書かれていないので分かりにくいですが、

広さは以前のものの約2倍です。

一般家庭の老朽化に伴うリフォームとは全く別のものですね。

 

改修が終わった秋篠宮邸の外観がコチラです↓

出典:産経新聞

 

コチラは大食堂です↓

出典:時事通信

 

コチラは和室です↓

出典:産経新聞

 

コチラは第三応接室です↓

出典:産経新聞

 

和の雰囲気がとても素敵ですね。

個人的には「大食堂」は特に素敵で、

このような部屋で朝食や夕食ができるのが、

とても羨ましいですね!

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回の記事では、

改修された新・秋篠宮邸について調べてみました。

 

◆秋篠宮邸の改修理由はお代替わりと老朽化
◆改修費用は44億円(内9億8000万円は仮住まい)
◆広さは以前のものの約2倍

 

一般人からすると想像を絶する費用がかかった新・秋篠宮邸。

外観や内部も公開されましたが、

随所にこだわりが感じられますね。

 

当初、2022年3月に工事完了の予定でしたが、

最終的には半年遅れの2022年9月に改修工事が終わりました。

海外から資材を調達するなど、相当こだわられたようですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆

 

ランキングに参加しています。

クリック↓で応援お願いします♬

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ISE
皇室
トレンディーヌ・ララをフォローする
Trendist☆~トレンディスト~

コメント

タイトルとURLをコピーしました