【川原恵美子(おばあちゃん)】生い立ちが壮絶!親の離婚と継父の借金!幸せになる名言は?

YouTuber

こんにちは、ララです☆

 

チャンネル登録者数50万人超の、

人気YouTuberの川原おばあちゃんこと、

川原恵美子(かわはらえみこ)さん

 

目からうろこの調理法や、

料理についての「おばあちゃんの知恵」を投稿し、

知名度・人気共に急上昇していますね。

 

優しいしゃべり方で、

幸せオーラあふれる川原恵美子さんですが、

実は生い立ちは壮絶だったようです。

 

今回の記事では、

今や人気YouTuberとなった、

川原恵美子さんの生い立ちについて、

調べてみました。

 

さっそく見てみましょう。

川原恵美子さんは壮絶な生い立ち!

出典:https://www.google.com/

 

川原恵美子さんは若い頃、

壮絶な生い立ちを経験していたのです。

 

2歳の時に両親が離婚

 

川原恵美子さんの実家は、

香川県で5本の指に入る、宮大工の名家でした。

金比羅(こんぴら)さんの建設にも携わったといいますから、

その腕も家柄も素晴らしかったのですね。

 

生まれたときはそんな十分な家で育った川原恵美子さんでしたが、

2歳の時に両親が離婚しました。

そしてお母様は、

川原恵美子さんを連れて家を出たそうです。

ここから人生は大きく変わったと、

川原恵美子さんは語っています。

 

母が再婚していじめを受けた

 

離婚後ほどなくして、

川原恵美子さんのお母様は再婚しました。

再婚相手には3人の子供がいて、

継父と母、4人の子供の6人で暮らしていたようですね。

 

そんな中、

川原恵美子さんのお母様は、

父にそっくりだった川原恵美子さんを見るたびに、

複雑な思いに駆られるようで、

川原恵美子さんをいじめるようになったのだそうです。

そうして、家の中では、「異物」のような扱いを受けたのだそうです。

 

なんと川原恵美子さんをいじめていたのは、

継父でも継父の子供たちでもなく、

実母だったというのは、

幼い川原恵美子さんの気持ちを考えると、

胸が締め付けられる思いですね。

 

継父の借金を1人で背負った

 

川原恵美子さんの母の再婚相手は、

人柄は良かったそうなのですが、

賭け事が好きで借金があったそうです。

 

川原恵美子さんが成人すると、

継父の借金はすべて川原恵美子さんが背負うことになり、

勉強しながら、アルバイトをかけ持ちしていたそうです。

 

そんな川原恵美子さんに近所の人は、

「若い時の苦労は買うてでもしなよ」

と励ましたそうですが、

何度も天国に行ってしまおうと考えたほど、

つらかったそうです。

 

そしてようやく、

川原恵美子さんは60歳の時に借金を完済しました。

こういったお話を聞くと、

なんてひどい親なんだろうと思ってしまいますが、

川原恵美子さんは、

「継父が『恵美子はうちの財産や』とかわいがってくれたのが嬉しかった」

「下のきょうだいを何とかして一人前に送り出すという使命感があった」

と話しているのです。

 

決して人を恨まない川原恵美子さんの人柄は、

本当に素晴らしいですよね。

 

苦労を乗り越えた川原恵美子さんの名言は?

 

現在の川原恵美子さんは、

「田舎そば川原」の店主であり、

チャンネル登録者数50万人超のYouTuberでもあります。

投稿している動画の人気だけでなく、

その優しい人柄も相まって、

周りには自然と人が集まる人気者になりました。

 

川原恵美子さんは、つらかった時期に、

次のような言葉を頭に、頑張って来られたそうです。

 

「目の前の事を一つ一つこなしていけば未来に光が差す」

 

川原恵美子さんは、

「目の前のことを一つひとつこなしていけば、明日、明後日、1年後、10年後には光が差す」

と自分で自分のことを奮い立たせたのだそうです。

今は暗闇の中でも、その先の光を信じたのだそうです。

 

「きれい事は言わない、本音で生きる」

 

川原恵美子さんは、

「きれい事は言わない、本音で生きる」

ということを心がけているそうです。

 

それは、

ひとつきれい事を言うと、また次も言わないといけなくなって、

どんどん嘘をつかないといけなくなるからだそうです。

 

「最期だけは迷惑かけたい」

 

多くの親は、

「子供に最期は迷惑をかけたくない」

と思う人が多いのではないでしょうか。

 

ところが川原恵美子さんは、

「最期だけは迷惑をかけたい」

と話しています。

それはどういうことかというと、

川原恵美子さんは、

「仕事をしながら倒れるのが夢」

だからだそうです。

「元気なうちは、なるべく子供の支えになってあげたい」

と語っているように、

最期以外は迷惑をかけたくないという気持ちの裏返しなのかもしれません。

 

さらには、

「親に恩返しする必要はない」
「親を想うのであれば、今度は自分の子供に恩返ししなさい」

とお2人の息子さんに話しているという川原恵美子さん。

人としての強さと、愛情の深さを感じる言葉ですよね。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回の記事では、

人気のおばあちゃんYouTuber、

川原恵美子さんの生い立ちについて調べてみました。

 

◆2歳のときに両親が離婚

◆母が3人の子供がいる家に後妻に入る

◆継父が作った借金を20歳から60歳まで返済しつづけた

 

「昔の話をすると皆さんのテンションが下がるから」

と、苦労話をあまり口にしない川原恵美子さん。

幼少期は大変な苦労をされたようですが、

現在は、「何も怖くない」「本当に幸せ」

と語っているように、

今は穏やかで幸せな生活をされています。

 

そんな川原恵美子さんの言葉は、

今つらい思いをしている人の心に沁みる言葉ではないでしょうか。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆

 

ランキングに参加しています。

クリック↓で応援お願いします♬

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

YouTuber
トレンディーヌ・ララをフォローする
Trendist☆~トレンディスト~

コメント

タイトルとURLをコピーしました