LCCって何?本当にお得なの?メリットとデメリットは?

旅行

こんにちは、ララです☆

 

「LCCって何?」

「安いって聞くけど、本当にお得なの?」

「JALやANAとの違いは?」

「どんなデメリットがある?」

「メリットは?」

「どっちがオススメ?」

と疑問に思う事、ありますよね。

 

今回はLCC(格安航空会社)についての

さまざまな疑問や、

そもそも「LCCって何?」

というところから解説していきたいと思います。

 

飛行機で旅行をしようと思っている人は、

ぜひこちらをご覧になって、

LCCに乗ってみるかどうか、

検討してみてくださいね。

 

LCCって何?

 

LCCとは、

「Low Cost Carrier(ローコストキャリア)」の略で、

格安航空会社の事です。

 

何度も同じ路線を利用する出張者や、

人数の多いグループや家族の強い味方ですね。

 

LCCのメリットは?

 

LCCのメリットにはどのような点でしょうか。

 

運賃が安い

 

LCCのメリットは、

何と言っても格安な運賃設定ではないでしょうか。

 

何度も同じ路線を往復するビジネスマンや、

人数の多い家族ともなると、

航空運賃の負担が大きいですよね。

 

また、宿泊費用や食事代など、

旅行中は何かとお金がかかるもの。

 

少しでも金額を抑えたい人には、

ピッタリなのではないでしょうか。

 

シンプルなサービス

JALやANAといった航空会社は、

ホスピタリティの質にこだわり、

とても丁寧な接客をしてくれます。

 

一方で、

「そこまでのサービスは求めていない」

「放っておいて欲しい」

という人も一定数います。

 

また、そのサービスによって運賃が高額なのであれば、

「サービスは不要だから、安くして」

という価値観の人も、

LCCを好む傾向にあるのではないでしょうか。

 

JALやANAとの違いは?どんなデメリットがある?

 

JALやANAなどのFSC(フルサービスキャリア)と、

どのような違いがあるでしょうか。

 

座席が狭い

 

JALやANAより座席が狭いため、

FSCに乗り慣れている人は、

窮屈な思いをされるかもしれません。

 

機内サービスが有料

 

LCCは、

ドリンクや毛布などのレンタルが有料です。

 

FSCでは当たり前のようにドリンクとおしぼりがサービスされますが、

LCCにはそのようなサービスはありません。

 

荷物を預けるのも有料

 

運賃や航空会社によってまちまちですが、

荷物を預ける場合、有料となることが多いです。

 

予約はインターネットが基本

 

予約方法はインターネットが基本です。

電話や空港でも予約ができますが、

座席指定の代金や、

受託手荷物の代金が高くなる場合があります。

 

乗り場が遠い

特に大きな空港では、

乗り場が遠く離れていることがあります。

 

那覇空港では、

LCC専用ターミナルまでバスで移動しなければなりません。

こういったことから、

早めに到着することも必要です。

 

LCC利用時の注意点は?

 

LCCの予約や利用に際して、

注意が必要な点がいくつかあります。

 

子供は2歳から有料

 

JALやANAは3歳から有料なのに対し、

LCCは2歳から有料です。

≪注意≫

座席を確保する場合、その年齢未満でも有料です。

 

また、子供代金の設定はなく、

大人と同額なのです。

よって、いくら大人代金が安くても、

子供の人数によっては、

家族全体でみると、結果的に「LCCの方が高くなってしまった」

ということもありますので注意が必要です。

 

JALやANAの早割の方がお得なこともある

 

JALの先特や、

ANAのスーパーバリューといった、

早割運賃の方が安いということもあります。

 

「LCCが一番安いに違いない!」

と思い込まずに、

他の航空会社の運賃も比較した方がいいですよ~。

 

運賃によって座席指定料金がかかる

 

お子様連れの場合は、

必ず座席指定をしましょう。

もしかしたら、2歳の子供と席が離れてしまうということもありますよ。

 

JALやANAなら座席指定は無料ですが、

LCCは有料。

運賃や予約方法によってまちまちですが、

500円~1600円ほどの座席指定料金がかかります。

 

キャンセル料が高い

キャンセル料が高額、または100%となる運賃もあります。

また、予約の変更はできませんので、

いったんキャンセルをして再度予約をしないといけません。

 

マイレージは付かない

 

JALやANAと違ってマイレージサービスはありません。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

ほとんどの人は、

「LCCは安い!」

と思っていると思います。

 

その分、様々な規制やデメリットがあるのも事実です。

 

  1. ドリンクなどの機内サービスや預け入れ荷物は有料
  2. 事前に座席指定をする場合、別途料金が必要
  3. 搭乗ゲートが離れていることが多い
  4. インターネット予約が基本
  5. キャンセルや変更の際のリスクが高い
  6. マイレージサービスはない

 

こういった点もありますが、

やはり航空運賃が安い、というのは大きなメリットですね。

 

人数によってはLCCの方が高くなることがあります。

あなたに合っている方を選びましょう。

 

私の友人で、

「断然LCC派!」

「何ら問題なし!」

「過剰なサービスがない分、逆に快適!」

と言っている人もいます。

 

メンバーや路線によって使い分けるのが、

一番上手は方法だと思います。

 

素敵な旅になりますように♪

ISE
旅行
トレンディーヌ・ララをフォローする
Trendist☆~トレンディスト~

コメント

タイトルとURLをコピーしました