【松井のの子】花火師に転身した理由は?伊那火工の花火がスゴイ!≪セブンルール≫

テレビ番組

こんにちは、ララです☆

 

若手女性花火師の松井のの子(まついののこ)さん

男性社会のイメージが強い「花火師」という職業に飛び込み、

夢を叶えた女性です。

 

今回の記事では、

松井のの子さんのプロフィールを紹介するとともに、

布作家から花火師に転身した理由を調べてみました。

また、松井のの子さんが勤める「伊那火工堀内煙火店」が、

すごい会社だということも紹介したいと思います。

 

さっそく見てみましょう。

松井のの子さんのプロフィール!大学や経歴は?

 

松井のの子さんとはどのような人物なのか見てみましょう

 

松井のの子さんのwiki風プロフィール

 

◆名前    松井(柗井)のの子(まついののこ)さん
◆年齢    34歳(2022年8月現在)
◆出身地   東京都(9歳で長野県に移住)
◆出身大学  多摩美術大学 生産デザイン学科 テキスタイルデザイン専攻
◆趣味    旅行 

 

前職は布作家

出典:https://www.facebook.com/

 

松井のの子さんは、

大学卒業後カナダに留学しました。

帰国後は、横浜にある「マルゴ株式会社」で、

布製品の柄のデザインを手がけていたそうです。

 

出典:https://queenw.com/

使うためのものではなく、

存在しているだけで価値のある布に惹かれ、

布関係の作品を手掛けていたそうです。

 

現在花火師になったのは、

布作家時代の「ただただ魅力あるものを創りたい」という気持ちが、

原点にあるのかもしれませんね。

 

松井のの子さんが花火師に転身した理由は?

 

布作家として活躍していた松井のの子さんが、

いわゆる男社会と言われる「花火師」に転身した理由は何だったのでしょうか。

 

花火師になりたかったことを思い出した

出典:フジテレビ

 

松井のの子さんは、

布作家として活躍していた頃、

「自分の作品を介して出会える人がいることは贅沢な事だな、幸せな事だな」

「自分の人生はいい人生だな」

と思っていたそうです。

 

ただ、ふと、

“この人生をずっと進んでいくのかな”と考えた時に、

「花火屋さんになりたいと考えていたことを思い出した」

のだそうです。

 

そして、

”そっちの道に進んでいたらどういう人生だったんだろう”

と思ったら、途端に覗いてみたくなり、

現在勤めている「伊那火工」のアルバイト求人を見つけたのが、

花火師になったきっかけだったそうです。

 

別の仕事をしていて、

しかもその仕事が好きで、

「自分の人生は幸せ」と言い切れる職業に就きつつも、

全く別の業界に飛び込むという、

チャレンジ精神や好奇心が素晴らしいですよね。

伊那火工堀内煙火店はスゴイ会社だった!

出典:http://www.hanabi-inakako.com/

 

松井のの子さんが勤務している、

伊那火工堀内煙火店(いなかこうほりうちえんかてん)は、

どのような会社なのでしょうか。

 

伊那火工堀内煙火店は創業100年以上の老舗花火屋

 

伊那火工堀内煙火店は、

明治32年(西暦1899年)に創業した老舗花火屋で、

花火の品質は「日本最高峰クラス」と言われています。

 

1998年の長野オリンピックの閉会式の花火を担当したり、

スペインやカタールなど、

海外で行われた花火フェスティバルにも参加されています。

 

花火大会の動画&画像

 

松井のの子さんが担当した、

2019年開催の「能代の花火」の動画がコチラです↓↓

 

オープニングの花火とフィナーレの花火は、

全く異なるもので、

ずっと見ていても決して飽きることがありません。

 

動画の6分30秒あたりから始まる、

オープニング花火のフィナーレは、まばたき禁止の圧巻です。

 

花火大会を見に行った人も、

SNSにたくさん投稿していますね↓↓

出典:https://www.instagram.com/

出典:https://www.instagram.com/

出典:https://www.instagram.com/

出典:https://www.instagram.com/

 

すべての仕事を一通りやる

 

松井のの子さんは、花火師になって驚いたことについて、

「全部一通りやること」

と語っています。

 

◆火薬配合
◆花火を作る
◆プログラムを組む
◆花火をセットして打ち上げる
◆片付け
◆掃除

 

これは、伊那火工堀内煙火店に限ったことではないようで、

花火に関わる事すべてを、

始まりから終わりまで責任をもってやるそうです。

 

それは、

花火屋さん独自の火薬の配合などの技術が門外不出で、

別の会社に分業しないことで、

伝統が守られているのかもしれませんね。

 

松井のの子さんはこのことを、

「全部やらなきゃいけないから大変」と捉えるのではなく、

「全部に関われるなんて贅沢」と捉えているのです。

松井のの子さんが、

いかに真摯に仕事に取り組んでいるかが伝わってきますね。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回の記事では、

若手女性花火師の松井のの子さんについて調べてみました。

 

◆前職は布作家

◆花火屋になりたかったことを思い出し転身

◆伊那火工堀内煙火店でアルバイトを始め、花火師となる

 

一人前になるまでは10年かかると言われる、花火師の世界。

まもなく30歳を迎えるというタイミングで転職した、

松井のの子さんのチャレンジ精神は素晴らしいですよね。

 

一方で、

体力的にも大変な花火師という仕事について、

「この仕事は男性がいるからこそできる仕事」

「私は助けてもらいながらできることをさせてもらっている」

という謙虚な気持ちも素晴らしいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆

 

ランキングに参加しています。

クリック↓で応援お願いします♬

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

テレビ番組
トレンディーヌ・ララをフォローする
Trendist☆~トレンディスト~

コメント

タイトルとURLをコピーしました