【レベッカ】「フレンズ」の歌詞の意味は?何のドラマの主題歌だった?

アーティスト

こんにちは、ララです☆

 

1985年にリリースされた、

レベッカの名曲「フレンズ」

時代が流れても色あせることのない楽曲ですよね。

 

近年、昭和の名曲がブームとなり、

アレンジされた楽曲に振りをつけてTikTokに投稿されていて、

レベッカのフレンズも、

ブームが再来するかもしれません。

 

今回の記事では、

レベッカの名曲「フレンズ」の歌詞の意味を考察するとともに、

「フレンズ」が主題歌だったドラマは何だったのか、

調べてみました。

 

さっそく見てみましょう。

「フレンズ」の歌詞の意味を考察!

 

レベッカの名曲「フレンズ」の、

歌詞の意味を考察してみたいと思います。

 

「フレンズ」は切ないラブソング

 

「フレンズ」というタイトルからして、

「友情」を歌っている楽曲と思う人も多いようですが、

フレンズは、もともと親友だった2人に恋心が芽生えてしまったために、

友情が壊れてしまったという、

切ないラブソングなのだそうです。

 

また、10代の男女の恋との見方がほとんどですが、

一方で、女性同士の恋愛を歌っているのでは、

という見方もあるようですね。

 

キスをきっかけに友達じゃなくなる

 

口づけを かわした日は
ママの顔さえも
見れなかった
ポケットの
コインあつめて
ひとつずつ
夢をかぞえたね
ほら あれは2人の
かくれが ひみつの
メモリー oh

引用:レベッカ「フレンズ」 作詞:NOKKO

 

2人だけしか知らない秘密の場所で、

将来の夢を語り合いながら、

やがて初めてのキスを交わします。

 

それまでは何でもママに相談していたのに、

この出来事は2人だけの秘密。

 

若すぎる2人の、

淡い想い出を表現していますね。

 

そして失恋

 

どこで こわれたの
oh
フレンズ
うつむく日は
みつめあって
指をつないだら
oh
フレンズ
時がとまる気がした

引用:レベッカ「フレンズ」 作詞:NOKKO

 

2人の恋は、儚く散ってしまうのです。

キスを交わしたことで、

これまでの2人の関係は崩れ

かといって親友に戻ることもできなくなってしまった。

 

「友達のままでいれば今まで通り楽しく過ごせたのに」

「キスなんてしなければよかった」

などという思いが頭の中を駆け巡り、

恋をする怖さや後悔というものを、

まさに体験している、そんな歌詞ですね。

もう過去には戻れない

 

ねぇ 君は 覚えている
夕映えに
よくにあう あの曲
だまりこむ 君がいつも
悲しくて
口ずさんだのに
今 時は流れて
セピアに染まる
メロディー oh

引用:レベッカ「フレンズ」 作詞:NOKKO

 

一緒に聴き、口ずさんでいた大好きな曲。

時が流れても、その曲を聴くと思い出す光景。

だけど、もう過去には戻れないことを、

嫌と言うほど実感している、そんな歌詞ですね。

 

他人より遠い存在になっても忘れられない

 

2度と もどれない
oh
フレンズ
他人よりも遠く見えて
いつも 走ってた
oh
フレンズ

あの瞳がいとしい

引用:レベッカ「フレンズ」 作詞:NOKKO

 

大好きだった相手との終わってしまった関係。

恋人にも親友にも戻れず、

「他人よりも遠い」と感じてしまう。

もう手が届かないことは分かっていても、

思い出すのは、あの時の彼の瞳だけ。

戻りたい、でも戻れない。

忘れたいけど、忘れられない。

この切ないラブソングの歌詞の世界観に、

10代の女の子は共感し、惹きこまれたのでしょうね。

 

主題歌だったドラマは何?

 

レベッカの「フレンズ」は、

「ハーフポテトな俺たち」というドラマの、

エンディングテーマソングでした。

 

キャストは、

主演の中山秀征さんの他、

香坂みゆきさん、湯江健幸さん、柳沢慎吾さんらで、

ストーリーは、

高校2年の若者が、

ハンバーガーショップのアルバイトで知り合い、

恋や友情に悩む思春期を描いた作品でした。

「フレンズ」の世界観にピッタリのストーリーですね。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回の記事では、

レベッカの名曲「フレンズ」の歌詞の意味を考察するとともに、

何のドラマの主題歌だったのか、調べてみました。

 

当時、若者から絶大なる支持を得ていたレベッカ。

フレンズ発売から37年経っても、

名曲は色あせることなく、

曲を聴くと当時にタイムスリップする感覚を覚えます。

 

昭和の曲がブーム再来となっている昨今、

フレンズを耳にする機会が増えるかもしれませんね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆

 

ランキングに参加しています。

クリック↓で応援お願いします♬

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ISE
アーティスト
トレンディーヌ・ララをフォローする
Trendist☆~トレンディスト~

コメント

タイトルとURLをコピーしました