【ジョニーデップ裁判】内容を簡単に!弁護士カミーユが暴いたアンバーの嘘は?

俳優・女優・声優

こんにちは、ララです☆

 

世界中が注目した、

ジョニー・デップと元妻であるアンバー・ハードの裁判。

最終的には、

ジョニー・デップが勝訴し、

アンバー・ハードに約20億円の賠償命令が出ましたね。

 

今回の記事では、

ジョニー・デップとアンバー・ハードの、

DVと名誉棄損を巡る裁判の内容と、

ジョニー・デップの弁護士であるカミーユ・バスケスが暴いた、

アンバー・ハードの嘘はどのような内容だったのか、

調べてみました。

 

さっそく見てみましょう。

「ジョニーデップ裁判」の内容を簡単に!

出典:https://www.google.com/

 

世界を代表する映画スターであるジョニー・デップと、

元妻のアンバー・ハードの間の、

DVや名誉毀損をめぐる裁判は、

どのような内容だったのでしょうか。

 

DVを理由にアンバーハードは離婚を申請|2016年

 

ジョニー・デップの元妻であるアンバー・ハードは、

2016年5月に離婚を申請し、

ジョニー・デップからDVを受けたということで、

接近禁止命令を得ていました。

その後の2016年8月に離婚が成立しています。

アンバーハードが手に入れた財産分与は約9億円でした。

 

ジョニー・デップが名誉棄損で訴える|2019年

 

アンバー・ハードは2019年、

新聞「ワシントンポスト」に論説記事を寄稿しました。

 

その内容は、

「DVを受けていた」

というもので、

ジョニー・デップの名前は出していませんでしたが、

「読めば明らかにジョニー・デップだと分かる」

とし、ジョニー・デップは名誉棄損で訴えを起こしました。

 

「DVは概ね事実」とし、ジョニーデップ敗訴|2020年

 

「DV夫」と書かれたジョニー・デップは、

発行元の新聞社を名誉棄損で訴えていましたが、

裁判所は、

「ジョニー・デップのDVは概ね事実」

とし、

ジョニー・デップはこの裁判で敗訴してしまいます。

 

これによりジョニーデップのイメージは大きくダウンし、

数々の作品から降板させられる事態となりました。

 

アンバーハードの嘘が暴かれジョニーデップ勝訴|2022年7月27日

 

裁判に敗訴したジョニー・デップですが、

アンバー・ハード側が出した証拠が嘘であると暴き、

最終的に裁判所は、

アンバー・ハードに約20億の賠償命令を出し、

ジョニー・デップは勝訴しました。

 

カミーユバスケスが暴いたアンバーハードの嘘の内容は?

 

ジョニー・デップには、

9人の弁護士がついていました。

そのうちの1人が敏腕弁護士のカミーユ・バスケスです。

出典:https://forbesjapan.com/

 

カミーユ・バスケスは、

たった20分間で40回の異議を連発し、

アンバー・ハードに嘘を自認させた敏腕弁護士なのです。

 

カミーユ・バスケスが暴いた、

アンバー・ハードの嘘を見てみましょう。

 

離婚時の財産を寄付していない

 

2016年8月に離婚が成立した、

ジョニー・デップとアンバー・ハード。

離婚時にアンバー・ハードは、

離婚で手にした約9億円を慈善団体に寄付すると発表していました。

ところが慈善団体に寄付した金額は、

約1億8000万円でした。

 

カミーユ・バスケス弁護士にこのことを追及されたアンバー・ハードは、

証言台でこのことを認めてしまいました。

 

顔のアザは捏造

 

アンバー・ハードは2016年、

「ジョニー・デップから暴力をふるわれた」

として、

アザがある顔写真を公開していました↓↓

出典:ET

 

ところが、その翌日に友人と会っていた時の写真には、

アザがありませんでした↓↓

出典:ET

 

アンバー・ハードの弁護士は、

「ミラニ・コスメティックスのCorrectingKitを使い、アザを隠していた」

と具体的なコスメブランド名と商品名を挙げました。

 

ところが、アンバー・ハードの写真は2016年のものだったのに対し、

この商品が発売されたのは2017年だったことが判明したのです。

つまり、アザを隠すために使ったと主張した化粧品は、

当時、まだ発売されていなかったことで、

アンバー・ハードの嘘が暴かれたのです。

 

2枚の同じ写真を別の証拠として提出

 

アンバー・ハードは、

ジョニー・デップが荒れた時に取った行動として、

床にワインのボトルが転がっている写真を提出していました。

出典:ET

◆1枚目:2015年12月15日のもの
◆2枚目:2016年5月21日のもの

 

別のタイミングのもの、別の証拠として提出していた写真は、

実は全く同じ写真だったことが暴かれました。

 

大声で叫んでいたのはアンバーハードだった

出典:YAHOO!ニュース

 

ジョニー・デップのDVを訴えていたアンバー・ハードですが、

ある夜、大声で叫んでいたのは、

ジョニー・デップではなく、アンバー・ハードの方だったと、

マネージャーが証言しました。

 

ジョニー・デップも、

「妻だけでなく、女性を殴ったことはない」

と証言している一方、

アンバー・ハードは、

「背中を蹴られた」「私は家庭内暴力の被害者代表」

と語っていて、

裁判ではジョニー・デップが勝訴したものの、

いっさいDVがなかったのか

また、DV行為をしていたのはどちらだったのかは、

不明のままなんですね。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回の記事では、

ジョニー・デップとアンバー・ハードの裁判の内容と、

敏腕弁護士のカミーユ・バスケスが暴いた、

アンバー・ハードの嘘の内容について調べてみました。

 

DVや名誉棄損をめぐり、

泥沼となったこの裁判は、

最終的にジョニー・デップが勝訴し、

アンバー・ハードに約20億円の賠償命令が下るという、

驚きの結末になりましたね。

 

ジョニー・デップを勝訴に導いたカミーユ・バスケス弁護士にも注目が集まり

「敏腕な上に美人!」

「37歳の独身だって!」

と話題になりましたね。

 

出典:https://voi.id/ja/lifestyle

 

裁判に勝訴したときに、

ジョニー・デップとハグを交わしたことから、

「2人は付き合っているのでは?」という噂まで出ましたが、

カミーユ・バスケス弁護士には、れっきとした恋人がいるようですよ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆

 

ランキングに参加しています。

クリック↓で応援お願いします♬

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ISE
俳優・女優・声優
トレンディーヌ・ララをフォローする
Trendist☆~トレンディスト~

コメント

タイトルとURLをコピーしました