【かぼちゃの馬車事件とは簡単に】どんな物件?黒幕はスルガ銀行!≪逆転人生≫

テレビ番組
スポンサーリンク

こんにちは、ララです☆

 

2018年に明るみになった不動産投資詐欺事件、

通称「かぼちゃの馬車事件」が、

2022年3月14日の22時から放送の、

NHK「逆転人生」で取り上げられます。

 

多くのオーナーが自己破産する事態になったこの事件。

具体的に、どんな事件だったのでしょうか。

 

さっそく見てみましょう。

スポンサーリンク

かぼちゃの馬車ってどんな物件?

まず、

「かぼちゃの馬車」とは、

どのような物件なのか、見てみましょう。

 

「かぼちゃの馬車」とはどんな物件?

 

【かぼちゃの馬車とは】

「スマートデイズ」という会社が展開していた、
女性専用のシェアハウスのブランド名

 

「かぼちゃの馬車」の特徴

◆家賃は4万円程度(管理費含む)
◆敷金・礼金・仲介手数料なし
◆個室にはベッドや冷蔵庫などの設備がついている
◆インターネットの通信料や光熱費も家賃に含まれている
◆広さは5畳未満
◆シェアハウスなのにリビングなどの共用スペースはなし
◆周辺の賃貸ワンルームより1平方メートルあたりの家賃が高い

 

コスト面や設備、ネット環境ありといったメリットがある一方で、

部屋はとても狭く、窓からの光は少なく暗い部屋

 

共用スペースはキッチンやトイレ、洗濯場所や物入のみ

「シェアハウス」って、

そこに住んでいる人が集まれる大きなリビングがあって、

個室もあるからプライバシーも守れる、というイメージですが、

かぼちゃの馬車は、

キッチンやトイレが共有の集合住宅という感じでした。

 

「かぼちゃの馬車」に潜入調査した動画を見つけました↓↓

 

「かぼちゃの馬車」は、

一人暮らしの女性とターゲットにしていて、

「トランクひとつで即入居可能」とアピールしていました。

 

「安いから」と割り切って住むのなら良いと思いますが、

周辺のワンルームと大して変わらない金額設定なら、

「かぼちゃの馬車」に入居する人はかなり少ないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

かぼちゃの馬車事件の内容!何が問題だった?黒幕はスルガ銀行!

 

かぼちゃの馬車事件が、

これだけ多くの被害者を出した問題点は何だったのでしょうか。

 

問題1|黒幕はスルガ銀行だった!

 

スマートデイズとスルガ銀行は結託して不正を行っていました

 

通常、不動産投資経験のない個人の投資家は、

簡単に融資を受けることはできません

 

スルガ銀行は審査書類を改ざんしたり、

虚偽の説明をしたりしていました。

 

さらには、

オーナーに通常よりもかなり高い金利で融資をおこなっていたのです。

かなり悪質です。

 

銀行からの融資を受けられなかったら、

オーナーにならなかったであろう投資家もいたはず。

 

さらには、

高い金利でローンを組ませるという悪質さからみて、

最大の黒幕は「スルガ銀行」との見方もあります。

 

問題2|かぼちゃの馬車はサブリース契約だった

 

かぼちゃの馬車は、

サブリース契約というものでした。

 

【サブリース契約とは】
不動産会社がオーナーから物件を一括で借り上げ、入居者に転貸すること。

 

流れとしては、

 

  • 不動産会社が建築費を出すオーナー(投資家)を集める
  • 不動産会社が建物を建て、オーナーに販売
  • 不動産会社は賃料から手数料を引いてオーナーに支払
  • オーナーはその金額からローンを返済していく

 

スマートデイズがターゲットにしていたのは、

副収入を得たい会社員でした。

 

かぼちゃの馬車は、

1棟1億円以上という価格で、

ほとんどの人がローンを組んでいたのです。

 

サブリース契約は、

入居者がいてもいなくても、一定の家賃が保証されます

とは言え、空室の状況が続くと、

不動産会社は、オーナーに賃料の減額を交渉できるのです。

 

オーナーとしては、

「家賃保証」の言葉に踊らされ、ローンを返せると思っていたのに、

ニーズがなければ賃料の減額に応じざるをえません

 

さらに、スマートデイズは資金繰りの悪化で、

経営的には破綻していました。

 

かぼちゃの馬車の入居率は4割ほどで、

スマートデイズは赤字状態だったのです。

 

そしてとうとう、

スマートデイズからオーナーに賃料は支払われなくなり、

スマートデイズは破産

オーナーには多額のローンが残ったのです。

 

サブリース契約自体は何ら悪いことではありません。
空室を回避したり、面倒な事務関係は不動産会社に任せられるので、
メリットもあります。

 

ただ注意したいのは、

サブリース契約をするのであれば、

不利なサブリース契約はしないように、

しっかりとした知識を持っていないといけませんね。

不動産会社の甘い言葉に踊らされると、

このような取り返しのつかないことになるのです。

スポンサーリンク

問題3|スマートデイズが高額なキックバックを得ていた

 

スマートデイズは、

工事を請け負った会社から、

コンサルティング費用として、

高額なキックバックを受け取っていました

 

キックバック自体はごく普通のことですが、

スマートデイズが受け取っていたキックバックは、

建築費の50%でした。

仮に1億円の物件だと5000万円のキックバックですね。

 

【キックバックの相場】
建築費の2~3%

 

この高額なコンサルティング費用を払うため、

工事請負会社は、質のわりに割高な物件を建てなければなりません。

 

結果として空室が増え、

オーナーが損をするということになります。

スポンサーリンク

なぜ?かぼちゃの馬車の被害が拡大した理由は?

 

「不動産投資」と聞くと、

「儲かりそう!」と思う人もいると思いますが、

「怪しい」「本当に儲かるの?」

と不安に思う人の方が多いのではないでしょうか。

 

ではなぜ、

「かぼちゃの馬車事件」はここまで被害が拡大してしまったのでしょうか。

 

理由1|スルガ銀行が主体になっていた

 

一番大きいのは、

スルガ銀行が主体となっていたことです。

 

銀行主導なので、顧客は安心して契約してしまったのです。

また専門家も疑いの目を向けなかったという一面もあります。

 

理由2|CMタレントにベッキーを起用していた

 

かぼちゃの馬車は、

CMタレントに当時好感度の高かったベッキーさんを起用していました。

 

多くの初心者が「信用できそう!」と飛びついたのですね。

やはりCMタレントの影響って絶大ですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

「被害者約1000人」「被害総額1500億円超」と言われた、

「かぼちゃの馬車事件」について調べてみました。

 

◆かぼちゃの馬車の物件は価値の低いシェアハウス

◆スマートデイズとスルガ銀行が結託しオーナーに不正融資をしていた

◆スマートデイズは法外なキックバックを得ていた

◆スマートデイズ倒産後、オーナー達はローンに苦しめられることに

 

かぼちゃの馬車事件の被害者は、

多くの負債を抱えることになりました。

 

年収800万円以上のエリートが主なターゲットでしたが、

自己破産者まで出ていて、

家族離散となったケースもあるようです。

 

かぼちゃの馬車に手を出さなければ、

幸せな未来が待っていたかもと思うと、

なんとも悲しい気持ちになりますね。

 

不動産投資にかかわらず、

「うまい話にはウラがある」ということを、

改めて考えさせられる事件ですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆

スポンサーリンク

ランキングに参加しています。

クリック↓で応援お願いします♬

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テレビ番組ニュース
トレンディーヌ・ララをフォローする
Trendist☆~トレンディスト~

コメント

タイトルとURLをコピーしました