【ネタバレ!】ボビーの死因は?犯人は誰で動機や方法は?≪本当にあった衝撃ファイル≫

テレビ番組

こんにちは、ララです☆

 

2022年3月15日に放送される、

世界が騒然!本当にあった㊙衝撃ファイル【完全犯罪ミステリーSP】」で、

32歳のアメリカ人男性のボビーが、

毒物によって命を奪われた事件が取り上げられます。

 

完全犯罪かと思われたこの事件には、

真犯人がいました。

 

犯人の目的はいったい何だったのでしょうか。

そして、どのような方法を使ったのでしょうか。

 

さっそく見てみましょう。

 

以後、ネタバレを含みます

ボビーの死因は?症状は?

出典:https://twitter.com/

32歳という若さで命を落としてしまった、

アメリカ人男性のボブ・カーリーさん(以後ボビーさん)

 

ボビーさんの死因は何だったのでしょうか。

そして犯人は、

どのような方法を使って、ボビーさんは命を奪ったのでしょうか。

 

ボビーさんの死因はタリウムによる中毒

 

ボビーさんの死因は、

致死量の900倍に相当する、

タリウムの摂取でした。

 

タリウムは、

ネズミの駆除に使用されるものです。

殺鼠材の主成分であるタリウムは、

無色・無臭・無味であることから、

毒を盛られた方は分からないのでしょうね。

 

発症した時の症状は?

 

ボビーさんは、

インフルエンザのような症状で入院することになりました。

 

やがて、手のひらと足の裏に痛みを訴え、

嘔吐や髪が抜けるという症状も出たそうです。

 

入院して容体は改善し始めたものの、

突如容体が急変し、昏睡状態に陥りました。

 

医師はボビーさんの妻と相談の上、

生命維持装置を外したそうです。

犯人は誰?どんな方法を使った?

 

ボビーさんの命を奪った犯人は、

いったい誰なのでしょうか。

 

そして、

どのような方法を使って、

ボビーさんに手をかけたのでしょうか。

 

犯人はボビーさんの妻であるジョアン!

出典:https://twitter.com/

ボビーさんに手をかけた犯人は、

ボビーさんの妻、ジョアン・カーリーだったのです。

 

事件当初、

電気技師として働いていたボビーさんの同僚が、

いたずらで毒を盛ったと見られていました。

 

その理由は、

ボビーが働いていた大学の研究室に、

タリウムが保管されていたからでした。

 

ところが検死の結果、

ボビーさんは約11カ月かけてゆっくり毒物を盛られていたと判明したのです。

 

ボビーさんが毒を盛られ始めたのは、

大学で働き始めるより前だったため、

同僚は容疑者から外されたのです。

 

そして、

ボビーの家を捜査すると、

タリウムが付着した魔法瓶が見つかったことと、

ジョアンの職場にもタリウムがあったことから、

ジョアンはようやく犯行を認めたのです。

 

毒物を盛った方法は?

 

ジョアンは、

ボビーさんのアイスティーにタリウムを混ぜていました

 

ジョアンは、

11カ月という長い間、

犯行を続けていたのですね。

 

毒物が夫の体に影響を及ぼすのを、

11カ月間、ずっと待っていたのでしょうか。

そう考えるとゾッとしますよね。

 

この事件に限らず、

タリウム以外にも危険な薬品を置いている職場は、

大学以外にも多くあると思います。

病院とか薬局とか。

 

いくら資格を持っているからと言って、

「絶対に悪用しない」とは限らないですから、

危険薬物の取り扱いには、

「複数人数じゃないと保管場所の鍵を渡さない」とか、

そういった仕組みづくりも必要なのではないかと思いました。

毒を盛っていた時期は?

 

ジョアンがアイスティーにタリウムを入れ始めたのは、

結婚式からわずか2カ月後からでした。

 

新婚で一緒にいるだけで幸せを感じる時期のはずが、

このような行動を取っていたというのは、驚愕ですよね。

 

そして、約11カ月かけて、

アイスティーにタリウムを入れ続けていたのです。

 

ジョアンさんを愛し、信じていたボビーさんの気持ちを考えると、

苦しくなりますね。

 

入院してからも最後の投与

 

ボビーさんが痛みに苦しむ中、

ジョアンはボビーさんに最後の大量投与を行ったそうです。

 

ボビーさんがなくなる前日

ジョアンはアイスティーとピザを持って病院を訪れていたと、

看護師は証言しています。

 

この時ボビーさんは、

妻が何をしようとしているか分かっていたと思います。

ところが体力も意識も尽きていて、

抵抗できなかったのでしょうか、

そのまま帰らぬ人となりました。

 

しかし、病人にピザって・・

アメリカでは一般的なの?

 

ボビーさんは「犯人は妻」と告げていた

 

ボビーさんは、

なくなる前日看護師に、

「妻は私を殺そうとしている。私を助けて。彼女は見た目通りではない」

と告げていたのです。

 

この会話を聞いていたのか否かは分かりませんが、

ジョアンはボビーさんに最後の大量投与を行ったのです。

 

娘にもタリウムを飲ませていた

 

さらに驚いたことに、

ジョアンは娘にもタリウムを投与していたのです。

 

その目的は、

ボビーさんの同僚が犯人だと仕立て上げるため

 

幼い子供にまで、

こんな行動がとれるなんて、

信じられないですね。

犯行の動機は何?

 

ジョアンがボビーさんに手をかけた動機は、

何だったのでしょうか。

 

犯行の動機は「生命保険金」

 

ジョアンがボビーさんを手をかけた動機は、

ボビーさんに掛けられていた30万ドル(約3300万円)の保険金でした。

 

ジョアンは元夫の保険金も得ていた

 

実は、

ジョアンの元夫もまた、

10年近く前に命を落としています

 

元夫の死因は、

トラクタートレーラーの事故でした。

 

その時もジョアンは、

元夫の保険金170万ドル(約1億8700万円)を得ていました

 

そしてこの事故は、

ジョアンが裏で手を引いていたのです。

 

これで味を占めて、

再度犯行に及んだのでしょうか。

人間の欲の怖さを感じる事件です。

妻ジョアンのその後は?

 

ジョアンは、

28歳の頃(1991年)から犯罪に手を染め始めました

 

はじめは無罪を主張していたジョアンですが、

5年間におよぶ捜査を経て、

33歳の年(1996年)にようやく、

ジョアンは罪を認めました

 

ジョアンに言い渡された刑は10~20年

最終的に20年の刑期を終え、

53歳の年(2016年)に出所しました。

 

この20年の間に、

8回も仮釈放を求めたというジョアンですが、

すべて拒否されています。

これは、

ジョアンが犯した罪の大きさを物語っていますよね。

 

20年もの貴重な時間を無駄にしてまで、

保険金を手に入れたいという考えが理解できません

 

仮に、

自分が犯した罪が暴かれず、

高額な保険金を手にしたとしても、

自分が犯した罪は、自分がよく知っています

そんな人生、いくらお金があっても幸せとは思えません

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

背筋が凍るコワイ話ですね。

 

無味無臭の毒物が入ったアイスティーを、

長期間飲まされて命を落としたボビーさん。

しかも犯人が、愛する妻であったという事実は、

無念で悔しい思いだったでしょう。

 

ボビーさんの妻、ジョアンの目的は、

ボビーさんの生命保険金でした。

元夫の保険金も受け取っていたり、

別人に罪をなすりつけるために、

幼い子供にまで毒物を飲ませたりなど、

ジョアンの行動は信じられないものばかりですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆

 

ランキングに参加しています。

クリック↓で応援お願いします♬

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ISE
テレビ番組ニュース
トレンディーヌ・ララをフォローする
Trendist☆~トレンディスト~

コメント

タイトルとURLをコピーしました