【尾上縫】巨額詐欺事件で男が群がった理由と手口!生い立ちとその後は?

テレビ番組

こんにちは、ララです☆

 

昭和の終わりの大阪で起こった、

前代未聞の巨額融資事件

 

この事件を起こした女の名前は、

尾上縫(おのうえぬい)

 

料亭の女将の尾上縫は、

なぜ2兆7千億円もの巨額の融資を受けることができたのでしょうか。

 

今回の記事では、

尾上縫が金融マンや銀行までもを虜にした理由と、

尾上縫の生い立ちに迫ってみたいと思います。

 

さっそく見てみましょう。

尾上縫が起こした巨額詐欺事件とは?

出典:https://www.google.com/

料亭の女将だった尾上縫が、

金融機関を巻き込み、

2兆7千億円もの巨額融資を受けた詐欺事件です。

 

バブル景気に陰りが見えると、負債が増加。

バブル期の1990年には、

2650億円の金融資産を保有していた尾上縫ですが、

負債は7271億円に膨らみ、

なんと借入金の金利が、

「1日あたり1憶7173万円」だったそうです。

 

金利だけでこの金額。

想像ができませんよね。

 

このことに困り果てた尾上縫は、

かねてより親交のあった、

東洋信用金庫今里支店長らと共謀し、

架空の預金証書を作成させ、

さまざまな金融機関から融資を引き出したのです。

 

この詐欺行為で、

尾上縫は、1991年に逮捕されました。

 

それにしても、

「銀行の中の銀行」と呼ばれた、

「日本興業銀行」も尾上縫と取引していたことにも驚きです。

法人としか取引をしない、あの興銀が、

料亭の女将に融資していたのですからね。

 

尾上縫に男が群がった理由と手口は?

出典:https://www.google.com/

 

2兆7千億円もの巨額の融資を受けた尾上縫。

 

尾上縫が勤める料亭には、

多くの証券マンや銀行マンが群がるようになり、

「縫の会」と呼ばれたそうです。

まるでファンクラブみたいですね。

 

尾上縫に男が群がった理由はなんだったのでしょうか。

 

男を誘惑する手口は「占い」

 

高級料亭の女将だった尾上縫。

 

尾上縫は、

「金持ちを見抜く目」があったようです。

 

料亭の客に、

「占ってあげましょか」と言い、

株式相場の上昇や競馬の勝ち馬を見事に当てて、

評判になっていたそうです。

 

バブル景気の頃、

尾上縫の予想は神がかり的な物になっていて、

「上がるぞよー」

「まだ早いぞよー」

と答えていたそうです。

 

美人だと評判!肉体も武器に!

 

大阪ミナミのすき焼きやの仲居として働いていた尾上縫。

若い頃の尾上縫は、

美人と言われ人気があったそうです。

 

その上に、

肉体を武器に男を虜にする能力まであり、

尾上縫にターゲットにされた男たちは、

尾上縫の誘惑に乗ってしまうのです。

尾上縫の生い立ち

 

これだけの巨額詐欺事件を起こした、

尾上縫の生い立ちを見てみましょう。

 

幼少期

 

尾上縫は、

奈良県磯城郡(現橿原市)に農家の5人兄弟の次女として生まれました。

 

家庭は貧困家庭で、

弟の1人は栄養失調で幼い頃になくなっています

 

父は尾上縫が10歳の時に病に倒れ、なくなっています

 

父がなくなったあと、家事が苦手だった母は、

株の仲売人をしていた豪農の男の庇護を受けて生活していました。

 

つらい幼少期を過ごしたことは、

想像に難くありません。

 

14歳で働き始める

 

尾上縫は、

高等小学校(現在の中学1年生、2年生)卒業後、働き始めました。

 

【尾上縫の職歴】

◆国鉄の駅員

◆工場勤務

◆デパート店員

◆水商売

 

19歳で結婚、25歳で離婚

 

尾上縫は19歳で結婚し、

女の子を1人出産しました。

 

しかし25歳で離婚

子供の親権は夫がもったようです。

刑期は80歳まで!刑務所では要介護状態

 

尾上縫は、

1998年3月の裁判で、

懲役12年の実行判決を受けました。

尾上縫は1930年生まれですから、

この時すでに68歳ですね。

 

2003年4月に、

最高裁判所が尾上縫の上告を棄却し、

実刑が確定しました。

 

68歳で実刑を受けた尾上縫が、

2010年に刑を終えるときは80歳という年齢です。

 

尾上縫は、

収監後まもなく要介護状態となり、

一人では何もできなくなったそうです。

 

覚醒剤の使用や密売などで逮捕起訴された中野瑠美さんが、

刑務所時代に尾上縫の介護を担当したと告白しています。

出典:https://www.excite.co.jp/

中野瑠美さんは、

「縫さんのことが好きでした」と語っています。

尾上縫から、

「養女においで」と言われたこともあったそうですよ。

 

刑務所の中の世界って想像もつきませんが、

こんな話をしている受刑者もいるのですね。

 

尾上縫のその後

 

尾上縫はその後、

83~84歳頃になくなったそうです。

 

世間を大きく騒がせた、

波乱万丈な人生でしたね。

 

尾上縫の物語は映画やドラマ、小説にも

出典:https://www.google.com/

世間を騒がせた尾上縫の巨額融資詐欺事件は、

映画やドラマにもなりました。

小説にもなり話題となりましたね。

 

◆ドラマ「平成の女相場師」  主演:市原悦子さん

◆映画「女帝」        主演:真行寺君枝さん 出演:椎名桔平さん

◆ドラマ「銭女」       主演:渡辺えりさん、篠田麻里子さん

◆小説「そして、海の泡になる」

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回の記事では、

前代未聞の巨額融資を受けた、

詐欺師、尾上縫について調べてみました。

 

◆尾上縫が受けた融資額は約2兆7千億円

◆手口は「占い」「美貌」「肉体」

◆懲役12年、獄中では要介護状態

 

それにしても、

料亭の女将という人物にこれだけ巨額の融資がされたというのは、

今の時代では考えられないですよね。

 

バブル期という時代もあったのかもしれませんが、

尾上縫の「人を虜にさせる能力」も大きかったのではないでしょうか。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆

 

ランキングに参加しています。

クリック↓で応援お願いします♬

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ISE
テレビ番組
トレンディーヌ・ララをフォローする
Trendist☆~トレンディスト~

コメント

タイトルとURLをコピーしました