【女子モーグル】川村あんりは高校生!英語が堪能で両親は元ホッケー選手!五輪勝率は?

スポーツ選手

こんにちは、ララです☆

 

今回の記事では、

フリースタイルスキーのモーグル競技で注目が集まる、

川村あんり選手を取り上げたいと思います。

 

いよいよ始まる北京オリンピック。

川村あんり選手はどのような活躍を見せてくれるのでしょうか。

 

また、

日本人離れした顔立ちの川村あんり選手。

インスタグラムには、英語での投稿がズラリ

川村あんり選手はハーフなのでしょうか。

両親や家族はどのような方なのか、

そのあたりも調べていきたいと思います。

川村あんり選手はハーフ?高校などプロフ!親は?

出典:https://www.instagram.com/

まずは、

川村あんり選手のプロフィールを紹介していきたいと思います。

 

川村あんり選手のプロフィール

 

◆名前    川村あんり(かわむらあんり)

◆国籍    日本

◆生年月日  2004年10月15日(2022年1月現在17歳)

◆生誕地   東京都東久留米市

◆生育地   新潟県南魚沼郡湯沢町

◆身長    153センチ

◆両親    父、母ともに元アイスホッケー選手

◆スキー歴  3歳からスキー/4歳からモーグルスキー

◆高校    日本体育大学桜花高等学校 在学中

 

日本人離れした顔立ちの川村あんり選手ですが、

生粋の日本人であることが分かっています。

 

モーグルの選手になったきっかけは、

川村あんり選手の祖父が新潟県の越後湯沢にリゾートマンションを所有していて、

幼少期、東京から新潟に滑りに行っていたこと。

 

小さい頃から怖いもの知らずで、

雪の大きなこぶもへっちゃらだったそうです。

 

そして、

川村あんり選手のご両親は、

父、母ともに元アイスホッケー選手だったそうです。

ウインタースポーツが得意なのは、

親譲りなのかもしれませんね。

新潟と東京の小学校を行き来する小学校生活

 

モーグルが大好きになった川村あんり選手は、

小学1年生のとき、

12月~3月は新潟の湯沢に住み、

雪解けとともに東京の小学校に戻る生活を続けたそうです。

 

中学進学を機に東京を離れる

 

中学進学を前に、

「これまで以上に競技に打ち込みたい」と考えた川村あんり選手。

 

「湯沢に残りたい」と両親に懇願し、

東京を離れる道を選びました。

 

11~12歳の子が、

ここまで強い意志で、

両親を説得するのはスゴイことですよね。

 

そして、東京と新潟ではかなり生活環境も違ったのではないでしょうか。

そこは子供よりむしろ、

大人の方が、新潟での生活に二の足を踏んだのではと想像します。

それでも子供の意思を汲み、

新潟での生活を決断したご両親も素晴らしいですね。

 

結果、川村あんり選手はオリンピック選手となり

日本の期待を背負い、これからの活躍が期待されています

本当に素晴らしいことですね。

 

東京の高校に籍を置くも「私は湯沢町民」

 

川村あんり選手は、

現在、東京の日本体育大学桜花高等学校に在学中です。

 

そんな中、

川村あんり選手は、

「東京より湯沢が家。私は湯沢町民」と言うほどです。

 

よほど、新潟とモーグルを愛しているのですね。

川村あんり選手は英語ペラペラ?

 

川村あんり選手は、

英語が話せるのでしょうか。

 

川村あんり選手は英語が話せる!

 

川村あんり選手は、

アメリカで行われたワールドカップ後、

インタビューでこのように答えました。

公式インタビューに流ちょうな英語で「アメージング」と答え、

日本語で「オリンピックでも頑張ります」と話した。

引用: Yahoo!ニュース

 

「流ちょうな英語」ということは、

つまり発音も良いということでしょうね。

 

海外遠征も多い川村あんり選手。

自然に話せるようになったのか、

猛勉強したのかは分かりませんが、

英語はペラペラのようです。

 

川村あんり選手のインスタには英語がズラリ

 

川村あんり選手のインスタグラムには、

英語での投稿がズラリと並んでいます。

出典:https://www.instagram.com/

出典:https://www.instagram.com/

 

海外での試合も多い川村あんり選手ですから、

海外へのファンに向けてのメッセージという意味合いもあるのでしょうね。

 

モーグルの練習だけでも忙しいと思いますが、

英語もできるとは、その能力の高さは素晴らしいですね。

北京オリンピックの勝率は?

 

川村あんり選手の、

北京オリンピックでの勝率はどうでしょうか。

 

平昌オリンピック女王のラフォンに勝利

 

 

北京オリンピックを前に、アメリカのユタ州でW杯が行われました。 

フリースタイルは米ユタ州ディアバレーで、モーグルの第9戦が行われ、女子で川村あんり(17)=東京・日体大桜華高=が80・89点で今季、通算ともに3勝目。

2月4日開幕の北京五輪前の最後となるW杯で、18年平昌五輪女王のペリーヌ・ラフォン(フランス)を破り、五輪本番に弾みをつけた。

鋭く美しいターンが光り、平昌女王のラフォンらを抑えて勝利。

「(北京)五輪直前の大会で優勝することができて本当にうれしい。五輪に向けて自信になった」と声を弾ませた。

引用: Yahoo!ニュース

 

4年前は13歳だった川村あんり選手。

もちろん平昌オリンピックには出場していません。

 

そんな川村あんり選手が、

一気に女王を抜いて勝利したということで、

日本国内外からは「期待の新星」と注目を浴びています

 

元五輪代表の伊藤みきさんも絶賛!

 

元オリンピック代表の伊藤みきさんは、

川村あんり選手について、

次のように語っています。

 

川村選手は、細部まで美しい。

体の真下にずっと板があって、スピードも速い。

安定したターンが出来ているので、もうジャッジも点数を出すしかない!という感じですね。

引用: Yahoo!ニュース

 

「ジャッジも点数を出すしかない」とまで絶賛する伊藤みきさん。

元オリンピック選手が太鼓判をおすのですから、

川村あんり選手の実力は間違いないでしょうね。

 

川村あんり選手の五輪への意気込みコメントがスゴイ!

 

そして川村あんり選手は、

オリンピックへの出場について、つぎのように語っています。

 

「コースも行ったことないし、五輪がどんな感じかも全く分からないけど、本当に楽しみという気持ちがすごい大きい」

 

引用: Yahoo!ニュース

 

「緊張しています」「メダルを取れるように頑張ります」

ではなく、

「本当に楽しみ」

とコメントするあたりが、

すでに「大物感」が漂っています

10代ならではの「イケイケ感」とも言えるかもしれませんね。

 

そんな川村あんり選手の持ち味は「正確なターン」

モーグルでターンが得意というのは、

最強の武器ですよね。

 

ぜひ金メダルを獲得して欲しいと思います。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回の記事では、

17歳の高校生モーグラー、

川村あんり選手について調べてみました。

 

◆3歳からスキーを始める

◆両親ともに「元アイスホッケー選手」

◆小学生の時、新潟と東京の2拠点生活

◆中学進学を前に、新潟に引っ越し

◆川村あんり選手は英語が堪能

◆新星・川村あんり選手に期待がかかる

 

長野オリンピックで、

18歳で7位入賞を果たした上村愛子さんを彷彿とさせる川村あんり選手は、

「上村愛子2世」との呼ばれるようになりました。

 

北京オリンピックでは、

川村あんり選手ならではの演技で魅了して欲しいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆

ランキングに参加しています。

クリック↓で応援お願いします♬

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ISE
スポーツ選手
トレンディーヌ・ララをフォローする
Trendist☆~トレンディスト~

コメント

タイトルとURLをコピーしました