【万松青果】倒産寸前から復活した理由!今や就職希望者が殺到!

テレビ番組

こんにちは、ララです☆

 

京都にある仲卸業者である「万松青果(まんまつせいか)

以前は倒産寸前だった万松青果が劇的な復活劇を遂げました

 

万松青果はどのような方法で、

ビジネスを持ち直し、

今や就職希望者が殺到するほどにまで復活できたのでしょうか。

 

そのサバイバル術が、

2021年9月9日放送の、

テレビ東京系「カンブリア宮殿」にて明かされます。

 

今回の記事では、

万松青果の経営理念や、

一見ビジネスのトレンドとは逆行しているように見える、

「次世代の働き方改革の秘密」にせまってみたいと思います。

 

万松青果はどんな会社?

 

万松青果はどんな会社なのかを見ていきましょう。

 

会社のプロフィール

 

◆社名   万松青果(まんまつせいか)株式会社

◆住所   京都市下京区

◆創業   明治39年9月

◆設立   昭和45年12月

◆従業員  27名

 

万松青果は何の会社?

出典:https://twitter.com/

万松青果は、

京都の中央卸売市場内にある、

京都市から認可された青果仲卸業者です。

 

京都、大阪、滋賀の高級ホテルやレストラン、料亭に、

生鮮野菜や果物を販売している会社です。

 

万松青果は「日本一綺麗な仲卸」

 

商品を購入する側からすると、

「食品を扱う店舗は綺麗で当たり前」ですが、

仲卸の店舗に関しては、

それは当たり前ではないのです。

 

「乱雑」「箱のままの陳列」「腐ったものまで一緒」が普通だそうです。

 

万松青果はその常識を覆し、

「日本一綺麗な仲卸」と呼ばれるまでになりました

今では日本全国の業界の人たちが視察に来るほどだそうです。

 

品質の良い商品が綺麗な店舗で買えるというのは、

消費者にとっては、本当に安心できることですよね。

万松青果は「年功序列」

 

万松青果の給与形態は「年功序列」

一見、時代錯誤に見えるそのスタイル、

万松青果のポリシーを聞くと、

とても納得できるものなのです。

 

「年功序列」

つまり、

「一緒の時に入ったら一緒の給料、一緒のボーナス」

ということ。

 

万松青果は「社員全員」で、

「普通」または「それ以下」の人を育てて、

「できる人」に成長させるというのです。

 

万松青果は以前、

「成果給」「能力給」「人事評価」を実施していたそうですが、

当時は「嫌なムード」だったそうです。

この給与システムと採っている会社に勤めている人は、

この「嫌なムード」というものは経験したことがあるのではないでしょうか。

 

かくいう私もそうでした。

全国に店舗を展開している会社でしたが、

「予算達成した店舗にたまたま配属されていた10年も年下の後輩」よりも、

「目標未達に終わった店舗にたまたま配属されていた10年も年上の私」の方が、

ボーナスが何十万円も低いことがありました。

 

逆のケースもありました。

私が配属されていた店舗がたまたま予算達成

たまたま予算達成しなかった店舗配属の同期の社員。

同期会で集まった時の微妙な空気は、

まさに「嫌なムード」でした。

 

「成果主義」で「頑張ったら給料を上げてやる」

その代わり、「頑張らなかったら(または俺が気に食わなかったら)給料を下げるぞ」

では、社員のモチベーションは下がる一方ですよね。

「成果主義」は、広い意味でパワハラにもなりかねないのです。

 

万松青果は、

「社員はお客様が喜んでもらうことを考える」

「売り上げの責任は社長がとる」

という考え方だそうです。

 

シャチョー、カッコよすぎじゃないですか!!

こんな経営者の下で働くと、

社員のやる気も自ずと上がるでしょうね。

 

「社員が納得できる報酬を用意できる経営をするのが本来の仕事」

そのような考えの万松青果。

本当にすばらしい会社だと思います。

 

万松青果は「家族主義」 ※家族経営ではない

出典:https://twitter.com/

万松青果は、「人とのつながり」を大事にしている会社です。

それは口先ではなく、本当の意味

 

「人とのつながりを大事にする」

「社員を大事にする」

このように言う会社はほかにも多数存在すると思いますが、

実際のところ、本当に大事にしている会社はどれくらいあるでしょうか。

 

万松青果は、実際に家族同士の付き合いをしています。

万松青果のホームページには、

家族参加のイベントの写真が掲載されています。

 

この写真を見ると、

万松青果が本当の意味で「社員と社員の家族を大事にしている」のが分かります。

万松青果の中路和宏会長が「カンブリア宮殿」に登場!

 

2021年9月9日に放送される、

テレビ東京系「カンブリア宮殿」に、

万松青果の中路和宏会長が登場します。

会長の口から語られる、

万松青果が躍進する秘密とは何なのでしょうか

 

番組の放送が楽しみですね!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回は、京都にある仲卸会社「万松青果」について調べてみました。

 

◆万松青果は京都にある仲卸業者

◆従業員27名の中小企業

◆給与体系は「年功序列」

◆社員と社員の家族を大事にする「家族主義」

◆「日本一綺麗な仲卸」と呼ばれている

 

一時は倒産寸前の状態にまで陥った万松青果。

復活した理由は、

一見、時代錯誤に思える会社のポリシーかもしれません。

 

「安く商品を仕入れること」

「社員にサービス残業をさせてたくさん働かせること」

「お客様は二の次で、会社の利益を優先すること」

すべて違います。

むしろ逆です。

 

今や万松青果は、就職希望者が殺到するほどの人気となりました。

その理由は、

「お客様を大事にすること」

「社員を大事にすること」

にあるのではないでしょうか。

 

「仕事は生活のため」

「職場の人と職場以外で関わりたくない」

そんな人が多い昨今ですが、

万松青果は全く逆の社風のようです。

 

これはまさに、

「次世代の働き方」となるかもしれませんね

 

 

ランキングに参加しています。

クリック↓で応援お願いします♬

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

テレビ番組
トレンディーヌ・ララをフォローする
Trendist☆~トレンディスト~

コメント

タイトルとURLをコピーしました