【藤本万梨乃】なぜ医者にならずにアナウンサーに?医師免許を持っていない理由! - Trendist

【藤本万梨乃】なぜ医者にならずにアナウンサーに?医師免許を持っていない理由!

アナウンサー
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

こんにちは、ララです☆

 

フジテレビの藤本万梨乃(ふじもとまりの)アナ

東大医学部卒のリケ女アナですね!

 

そんな藤本万梨乃アナですが

なぜか医師免許をもっていないのです。

東大医学部に浪人してまで入ったのに、

なぜ医者にならずに

アナウンサーになったのでしょうか。

 

さっそく見てみましょう。

スポンサーリンク

藤本万梨乃アナが東大医学部をめざした理由

現在アナウンサーとして活躍している藤本万梨乃アナ。

アナウンサーは文系出身の人が多いですが

藤本万梨乃アナが東大医学部をめざした理由

いったい何だったのでしょうか。

はじまりは「劣等感」

藤本万梨乃アナは

学生時代の自分について

次のように語っています。

「自分に自信が持てなかった

「無口で人前に出るのはもちろん、クラスでも目立たなかった

「そんな自分がすごく嫌な時期があった

テレビでみる藤本万梨乃アナは

容姿端麗なのはもちろん、

明るくて聡明な印象ですよね。

学生時代に

このような悩みを抱えていたというのは

とても意外ですよね!

得意な勉強を頑張ろうと思った

そんな中、

藤本万梨乃アナが得意だったのは「勉強」でした。

自分が人より秀でている勉強をがんばろうと決心して

中学時代から

予備校に通ったそうです。

 

高校時代の勉強時間は

なんと1日10時間以上

 

一浪して東大医学部に入った

藤本万梨乃アナですが、

浪人時代は

なんと!最長1日17時間だったそうです。

 

睡眠・食事・入浴などを除いた時間は

ほとんど勉強していたのではないでしょうか。

 

予備校時代のあだ名は

「付箋ちゃん」

だったという藤本万梨乃アナ。

付箋を貼りまくって

勉強していたのでしょうね。

相当ながんばり屋さんですね!

なぜ東大?

数ある大学の中で

東大をめざした理由について

藤本万梨乃アナは次のように

語っています。

「高校時代に東大を紹介するビデオを見た」

「いろいろな国籍の方が黒板1枚で議論をしている姿が、とてもカッコよくて

「私も東大に行ったら、人前で堂々と話せるようになれるのかもと思った」

この発言からも

藤本万梨乃アナの

「自信をつけたい」「人前で堂々としたい」

という気持ちが伝わってきますね!

スポンサーリンク

医者にならなかった理由は?医師免許は持っていない!

藤本万梨乃アナは

医学部に進んだにもかかわらず

なぜ医者にならなかったのでしょうか。

 

藤本万梨乃アナが進んだのは

東大医学部 健康総合科学科

で、

医者を志す人が進む理科3類(理Ⅲ)ではなく、

心理学やバイオ学、コミュニケーションを学ぶ「理科2類(理Ⅱ)」

なのですね。

 

理Ⅲではなく、理Ⅱを選んだ理由について

藤本万梨乃アナは

「とにかく血が苦手で…」

「理Ⅱは振り幅が広い」

「どの道に進むかは入学してから考えようと思った」

と語っています。

 

藤本万梨乃アナが

医師免許を持っていないのは

もともと

お医者さんになるつもりではなかったということですね!

 

藤本万梨乃アナがアナウンサーになった理由3選!

医学部にすすんだ藤本万梨乃アナですが

アナウンサーになったきっかけは

何だったのでしょうか。

英語スピーチコンテストに出たこと

藤本万梨乃アナは

学生時代に

英語スピーチコンテストに出たことが

アナウンサーをめざすきっかけになったと

話しています。

朝の情報番組「めざましテレビ」などで、ニュースや生活情報をお届けしています。

幅広い仕事に携わることができるのも、雙葉で学んだ挨拶や英語力のおかげです。

今の仕事を目指すきっかけとなった英語スピーチコンテストでは、貴重な糧となる「人前で話すスキル」が身につきました。

充実した学園生活で多様な経験や価値観を得たからこそ、今の私があるのだと感謝しています。

引用:雙葉中学校HP

 

自分に自信が持てなかったという

藤本万梨乃アナ。

得意とする勉強に励み、

さらには、

最初は苦手だった「人前で話すこと」を

克服したのです。

すばらしいことですね!

学生時代のテレビ出演もきっかけ

藤本万梨乃アナは

東大生時代に

テレビ番組に

出演したことがあるのです。

◆「沸騰ワード10」
◆「好きか嫌いか言う時間」
◆「お願い!ランキング」
◆  AbemaTV「AbemaNews」
もともとテレビを見るのが
好きだったという藤本万梨乃アナ。
テレビ出演を機に、
「出るのもいいな」
と思うようになったそうですよ。

大学の授業を受けているうちに憧れを抱いた

藤本万梨乃アナは

アナウンサーを志したきっかけについて

次のようにも語っています。

「大学の授業では生徒同士でディスカッションして結論を出したり、話を聞いて発表したりしていました。今、実際にしているアナウンサー業とそんなに変わりなく、この仕事に興味と憧れを抱くようになっていったんです」

 

東大医学部理Ⅱに進学当初は

進む道は入ってから考えようと思っていた

藤本万梨乃アナ。

いくつものきっかけがあって

最終的にアナウンサーへの道を選んだのは

必然だったのかもしれませんね!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では、

藤本万梨乃アナが

東大医学部に進学したものの

医師にはならず

アナウンサーになった理由について

調べてみました。

 

◆自信が持てず、自分がイヤだった時期に勉強に励むことを決意
◆高校時代に東大を紹介するビデオをみて「カッコイイ」と思った
◆進学したのは東大医学部健康総合科学科
◆スピーチコンテストやテレビ出演をきっかけにアナウンサーを目指すように
朝の「めざましテレビ」では
いつもさわやかで明るい笑顔の
藤本万梨乃アナ。
これからもがんばって欲しいですね!
最後までお読みいただきありがとうございました☆
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アナウンサー
スポンサーリンク
ララをフォローする
Trendist

コメント

タイトルとURLをコピーしました