【菊間千乃】転落事故の原因は?小島奈津子は爆笑!?≪動画あり≫

アナウンサー
スポンサーリンク

こんにちは、ララです☆

 

元フジテレビのアナウンサーで、

現在は、

弁護士・フリーアナウンサーとして活躍する、

菊間千乃(きくまゆきの)さん

 

別の記事では、

菊間千乃さんが弁護士を目指した経緯などについて、

お話しています。

 

今回の記事では、

菊間千乃さんが、

フジテレビのアナウンサーだった時の、

転落事故の原因や、

事故が生放送されたときのスタジオの雰囲気などを、

実際の動画を見ながら振り返ってみたいと思います。

閲覧注意です。

スポンサーリンク

転落事故の詳細は?

 

菊間千乃さんは26歳の時、

番組内のコーナーで、

ある体験レポートをしていた時に転落事故に遭っています

 

具体的に、

どのような状況だったのか、

また事故が起きてしまった原因は何だったのかを見ていきましょう。

 

転落事故の状況は?

 

出典:https://twitter.com/

菊間千乃さんは、

1998年9月2日放送のフジテレビ「めざましテレビ」の、

自身がリポーターを務めるコーナー「それ行け!キクマ」で、

災害時に高所から脱出する避難器具の体験レポートをしていました

 

腰に避難器具を装着し、

マンション5階、地上13mという高さから落下しました。

 

以下がその時の動画です↓↓※閲覧注意です

放送事故 菊間アナ5階から落下事故!!
放送事故 菊間アナ5階から落下事故!! 画質悪くてすみません。かなり昔のことで、めざましテレビの放送中に起こった事故らしいです。なん...

 

一般の人が使用する避難器具ですから、

ゆっくりスルスルと降りるものだと思うのですが、

菊間千乃さんは一気に地面に落ちていますよね。

 

マットは敷かれていますが、

菊間千乃さんは固そうなマットの上に叩きつけられてしまっています

 

そしてその後は、

全く動かず、

それまでは、

「高いんですよ~」

「大丈夫ですか~?」と、

明るくしゃべっていましたが、

落下後は一言も発していませんね。

 

よほどの衝撃だったことが見て取れます。

スポンサーリンク

転落事故の原因は商品の不良?誤った使用方法!

 

番組で使用された「避難器具」は、

車1台を吊るせるほどの強度があったものだそうです。

 

本来の使用方法は、

頑丈な柱などに取り付けて使用するものなのに、

器具のフックを、

なんと、ソファに結んだだけだったそうなのです。

 

普通に考えたら分かると思いますが、

ソファでは人間の体重を支え切れず、

一気に転落してしまったのです。

 

フジテレビによる人災でもあるのでは?

 

菊間千乃さんの転落事故の原因は、

商品を誤った方法で使用したことはもちろんですが、

個人的には、

「リハーサルしないの?」

と疑問に思いました。

 

仮にリハーサルしていたとして、

別の人が事故に遭われてしまったことになったのでしょうが、

朝の生放送で、

あの衝撃的な映像が流れることはなかったのではないでしょうか。

 

そして何より、

誰かひとりくらいは、

「ソファに結んだくらいで本当に大丈夫?」

という危機感を持つ人がいなかったのかと悔やまれます。

スポンサーリンク

ケガの状態は

 

この転落事故により、

菊間千乃さんは、

上半身の骨が13本折れたそうです。

診断は、全治3カ月の腰椎圧迫骨折

 

翌年には現場復帰したものの、

リハビリは1年に及んだそうです。

 

そして驚いたのは、

その治療方法。

折れた13本の骨は、

手術なしでギブスだけでくっついたそうです。

「くっついた」というと軽く聞こえますが、

「くっつくのをひたすら待つしかなかった」

ということなのではないでしょうか。

とても辛かったと思います。

 

その証拠に、

「フジテレビの職員がお見舞いに来ても面会を断っていた」と、

菊間千乃さんはトーク番組で語りました。

そりゃそうですよね。

当然のことだと思います。

 

こういった辛い経験を乗り越えて、

現在は、弁護士・フリーアナウンサーとして活躍する菊間千乃さん。

本当に素晴らしいですよね。

スポンサーリンク

転落事故が生放送されたときのスタジオの反応

 

菊間千乃さんが転落する場面は、

テレビで生放送されてしまいました。

 

この放送を見た視聴者は、

一瞬何が起こったのか分からなかった人も多いのではないでしょうか。

 

そして、

「めざましテレビ」のスタジオも同じような雰囲気でした。

いつもニコニコしている大塚アナの表情は明らかに固まっていて

事の重大さを物語っています。

 

一方の小島奈津子アナは、

おそらく大きな事故が起こったとは認識していないのか、

動画にも笑い声が入っています

「あっはっは、そうなんだー」

「菊間ちゃーん?」

「大丈夫―?」

「ハーイ」

とあくまでも明るい喋り方と保っていますが、

動揺は隠せていません

 

なんとか番組を進行していますが、

時間がたってようやく、

大きな事故になってしまったと分かった感じですね。

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回の記事では、

菊間千乃さんの転落事故の詳細や原因、

ケガの状態などを調べてみました。

 

◆「めざましテレビ」内で避難器具の体験中に転落する事故

◆事故原因は、器具をソファに取り付けるという誤った使用方法

◆番組はリハーサルなしのぶっつけ本番?

◆上半身の骨を13本折る腰椎圧迫骨折の重傷

◆幸いにも後遺症はなかった

◆衝撃的な映像が朝の番組で生放送された

◆大塚範一アナ、小島奈津子アナも茫然

 

菊間千乃さんが番組内で転落事故に遭われてから、

今年(2021年)で23年も経つのですね。

 

あまりの衝撃的な映像が朝の生放送で流れたことで、

23年経った今も、

はっきり記憶に残っている視聴者が多いのではないでしょうか。

 

菊間千乃さんもおっしゃっているとおり、

もしかしたら亡くなっていてもおかしくないほどの、

重大な事故でした。

 

そして今もなお、

テレビ番組のロケなどでは、

大小含め、事故が起こっています

 

より良い番組を作ろうという考えかもしれませんが、

なによりも最優先すべきは、やはり「安全」なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

ランキングに参加しています。

クリック↓で応援お願いします♬

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アナウンサー
トレンディーヌ・ララをフォローする
Trendist☆~トレンディスト~

コメント

タイトルとURLをコピーしました