【サニブラウン】どこのハーフ?アスリート一家の家族(父母兄弟)の職業は?≪画像≫

スポーツ選手

こんにちは、ララです☆

 

日本陸上界の若き新星、

サニブラウン・アブデルハキーム選手

100mと200mでは、

日本歴代2位の記録を持つ、

素晴らしい短距離走者ですね。

 

今回の記事では、

そんなサニブラウン選手は、

どこの国のハーフなのか、

また家族はどのような人物なのか調べてみました。

 

さっそく見てみましょう。

サニブラウンはどこのハーフ?

 

サニブラウン選手は、

ガーナ人の父親と日本人の母親の間に生まれたハーフです。

 

一見すると、

ガーナ人の血が濃いような印象ですが、

サニブラウン選手は福岡県北九州市の出身で、

2017年の秋に、フロリダ大学に進学するまでは、

ずっと日本で育ってきたのです。

 

そして、

当然のことながら、日本語もペラペラなんです。

よく見ると、

日本人の母親に、顔のパーツがそっくりですね。

 

サニブラウンの家族はアスリート一家!

出典:https://www.google.com/

サニブラウン選手の家族について見てみましょう。

 

父親は元サッカー選手

 

サニブラウン選手の父親のお名前は、

ラティフ・サニブラウンさんとおっしゃいます。

 

ラティフさんは、

若い頃にサッカーをされていて

サニブラウン選手や、

サニブラウン選手の弟であるハナンさんに、

サッカーを教えていたそうです。

 

サニブラウン選手は父親のラティフさんについて、

「ダディは黒くて、強くて、太っている」

と話しています。

 

ラティフさんは現在、

東京都内でスポーツバーを経営されているようですよ。

 

母親は元陸上選手

出典:https://www.google.com/

 

サニブラウン選手のお母様のお名前は、

サニブラウン明子さんとおっしゃいます。

 

サニブラウン明子さんは高校時代、

100mと100mハードルでインターハイに出場した、

元陸上選手なのです。

 

小学2年生まではサッカーをしていたサニブラウン選手に、

「団体競技は向いていない」

とし、小学3年生から陸上に転向させたのは、

サニブラウン明子さんだそうですよ。

 

自身の陸上の経験を元に、

主に、サニブラウン選手の食事面を、

サポートされたそうです。

食べ盛りのサニブラウンのために、

毎日お米を5合炊いているそうですよ。

 

サニブラウン選手の、あの太ももの筋肉は、

トレーニングはもちろん、

食事の影響もあるのでしょうね。

 

弟はサッカー選手

出典:https://twitter.com/

サニブラウン選手の弟のお名前は、

サニブラウン・アブデルハナンさんです。

 

ハナンさんは、

サッカーJ1「アビスパ福岡」のU-18に選手登録されています。

サニブラウン・ハキーム選手は陸上の道に進みましたが、

弟のハナンさんはサッカーの道に進んでいるのですね。

ポジションはFWで、身長は181センチとのこと。

これからの活躍が楽しみですね。

 

そんなハナンさんは幼い頃、

サッカーとともに、陸上も習っていて、

小学生時代には競技会にも出場した経験があるそうです。

 

ハナンさんは、

サニブラウン・ハキームの7歳年下ですが、

顔はそっくりで、

サッカークラスの申込の際、

10年前の兄の写真を使ったそうです。

それでもバレなかったというのは、

それだけよく似ていたということなのでしょうね。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回の記事は、

短距離走者のサニブラウン・ハキーム選手の家族について、

調べてみました。

 

◆サニブラウン選手はガーナ人の父と日本人の母を持つハーフ

◆父はサッカー経験者で現在はスポーツバーを経営

◆母は陸上経験者でインターハイ出場経験あり

◆弟はJ1「アビスパ福岡」のU-18登録選手

 

2022年7月15日から開催される、

世界陸上2022にも出場されますね。

100mと200mでは、

日本歴代2位の記録を持つサニブラウン選手ですが、

どのような活躍を見せてくれるのか、

とても楽しみですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆

 

ランキングに参加しています。

クリック↓で応援お願いします♬

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポーツ選手
トレンディーヌ・ララをフォローする
Trendist☆~トレンディスト~

コメント

タイトルとURLをコピーしました