【世界陸上】織田裕二への評価が批判から絶賛に変わった理由は?名言がスゴイ!

テレビ番組

こんにちは、ララです☆

 

2022年7月に行われる「世界陸上」で、

13大会連続でキャスターを務める、

織田裕二(おだゆうじ)さん

今回で最後となることが発表されましたね。

 

そんな織田裕二さんですが、

初めて世界陸上のキャスターを務めることが決まった時は、

疑問や批判が多かったのです。

 

ところが今や、

「世界陸上と言えば織田裕二さん」

というイメージが定着し、

今回が最後のキャスターとのニュースに、

嘆きの声が続出しているのです。

 

今回の記事では、

長年、世界陸上のキャスターを務めてきた、

織田裕二さんへの評価が、

批判から絶賛に変わった理由を考察したいと思います。

 

さっそく見てみましょう。

当初織田裕二さんが批判されていた理由は?

出典:フジテレビ

 

織田裕二さんが、

初めて世界陸上のキャスターを務めたのは、

1997年のアテネ大会でした。

 

当初、織田裕二さんがキャスターを務めることについて、

次のような声があがっていました。

 

「陸上に詳しいわけじゃないのになぜ織田裕二さん?」

「学生時代に陸上をしていたわけでもないよね」

「テンションが高すぎてうるさい」

「人気に乗っかっただけ」

 

織田裕二さんは、

当時出演したドラマや映画が大ヒットしていました。

 

◆「東京ラブストーリー」
◆「振り返れば奴がいる」
◆「踊る大捜査線」など

 

特別、陸上に詳しくない人気俳優にオファーがいったことで、

色々な声があったのでしょうね。

織田裕二さんへの評価が批判から絶賛に変わった理由は?

 

当初、疑問や批判の声が多かった織田裕二さんが、

徐々に絶賛されるようになった理由は何なのでしょうか。

 

陸上を心から愛している

出典:https://www.google.com/

織田裕二さんは、

学生時代に陸上をしていたわけではありませんが、

陸上競技を見ている時の織田裕二さんは、

「心から陸上が好きなんだな」、ということが、

視聴者にまで伝わってきますね。

 

◆興奮して座っていられない
◆感情が爆発して画面からはみ出す
◆カメラが回ってなくても熱心に競技を見る
◆感極まって涙目
◆悔し過ぎて絶句

 

このように、

時には松岡修造さんを超えるほどの熱さで、

競技を懸命に応援する織田裕二さん。

見ているこちらのワクワク感も、

膨らんでいきますよね。

 

選手が良い結果を出したら、

涙ぐみながら子供のように大喜びする姿は、

こちらまでもらい泣きしそうになります。

 

陸上のことを勉強した

 

織田裕二さんは当初、

陸上に詳しいというわけではなかったようです。

 

しかし、

世界陸上のキャスターに就任してから、

陸上のことをかなり勉強されたようです。

そういった真摯な姿勢が、

視聴者にも伝わってきて、

徐々に評価が上がっていきました。

 

選手のバックボーンをよく見ている

 

織田裕二さんは、

世界陸上の魅力について、

次のように語っています。

 

「一人一人の人間ドラマがあって、ただ単に足が速いとかじゃなくて、どの選手にもバックボーンがあり、そういう部分に役者としても共感します」

 

増田明美さんほどのプライベートネタまでは行きませんが、

選手1人1人の環境や努力を伝える織田裕二さんに、

高い評価が集まるようになりました。

 

単に「勝った」「負けた」だけではなく、

そこにたどり着くまでの選手のことを知ると、

感動がさらに深まりますもんね。

 

テーマソングも好評

 

世界陸上のテーマソングは、

織田裕二さんの「All my treasures(オールマイトレジャーズ)」です。

 

 

この曲の世界観が、

世界陸上とピッタリ合っていて、

番組の最後でこの曲が流れると、

ジーンとする人も多いのではないでしょうか。

織田裕二さんの世界陸上での名言は?

 

織田裕二さんは、

これまで世界陸上にキャスターとして出演した中で、

数々の名言を残しています。

 

「地球に生まれてよかった!」

「今日は寝られないよ!」

「もうね、今日観なかったらアホ!言い過ぎた・・」

「ベルリンでは早くも記録の壁が崩壊しました!」

「何やってんだよ、タメー(為末大さんの事)」

「スエー!朝原ー!ホンマおおきに!」

「涙が出て来た!なんだよコレ!」

「長時間観ることになるので、ぜひ目薬を用意して」

 

これらの名言は、

決して台本に書かれていたわけでも、

予定調和でもなく、

織田裕二さんの生の声なんですよね。

 

視聴者にもそれが伝わって、

感動が2倍にも3倍にもなるのではないでしょうか。

テレビ前の視聴者のようなコメントもありますが、

そこがまたイイんですよね!

まとめ

出典:スポニチ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回は、

13大会連続で世界陸上のキャスターに決まった、

織田裕二さんについて調べてみました。

 

◆当初は経験や知識面で疑問の声があった

◆陸上への愛や真摯さが評価されていった

◆競技に対する熱さに惹きこまれる

 

今や、

「世界陸上=織田裕二さん」

というイメージを確立されましたね。

今回で最後というのは、

本当にさみしいですが、

競技とともに、

織田裕二さん最後の世界陸上も、

楽しみにしたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆

 

ランキングに参加しています。

クリック↓で応援お願いします♬

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

テレビ番組俳優
トレンディーヌ・ララをフォローする
Trendist☆~トレンディスト~

コメント

タイトルとURLをコピーしました