【篠原涼子】なぜ離婚後も旦那呼び?市村正親が指輪を外さない理由は?

アーティスト

こんにちは、ララです☆

 

2021年7月に、

俳優の市村正親さんと離婚した篠原涼子さん

 

篠原涼子さんは、

離婚後も市村正親さんのことを、

「旦那」「主人」と呼び

世間がざわついています。

 

離婚後も市村正親さんのことを、

「旦那」「主人」と呼ぶのはなぜなのでしょうか。

 

一方の市村正親さんは、

離婚後も結婚指輪を外していません

 

普通は離婚したら結婚指輪は外す人がほとんどだと思いますが、

なぜ市村正親さんは結婚指輪を外さないのでしょうか。

 

今回の記事では、

篠原涼子さん、市村正親さん元夫婦の、

気になる言動について考察してみたいと思います。

篠原涼子さんは市村正親さんを「旦那」「主人」呼び!

出典:https://www.google.com/

篠原涼子さんは、

出演したバラエティ「TOKIOカケル」で、

元夫の市村正親さんのことを「旦那さん」「主人」と呼び

世間をざわつかせています。

 

仕事がオフの日には、

市村正親さんの自宅を訪れ、

夕食を作っていると話した篠原涼子さん。

 

「主人はけっこう自分で何でも作れる人なので」

 

「酵素玄米は主人の方が食べるようにしてて、白米は子供が食べる」

 

「子供はしょうが焼きやオムライス、旦那さんは違うものを食べる」

 

と、元夫である市村正親さんのことを、

「旦那さん」「主人」と連発しました。

 

篠原涼子さんが離婚後も「旦那」「主人」呼びするのはなぜ?

 

一般的に、

離婚した相手のことは、

「元旦那」とか「前の奥さん」などと呼ぶ人が多いのではないでしょうか。

 

篠原涼子さんは堂々と、

しかも全国ネットのテレビ番組で、

元夫の市村正親さんのことを、

「旦那さん」「主人」と呼んでいます。

 

その理由は何なのでしょうか。

 

憎み合って別れたのではない

 

まず大前提として、

篠原涼子さんと市村正親さんは、

憎しみ合って別れたのではないのでしょうね。

 

じゃないと、

決して「旦那さん」とか「主人」とは呼ばないでしょう。

 

憎みあって別れたのならば、

元夫が住み、かつては自分も住んでいた家に、

いくら子供がいるからと言って、

普通は行かないでしょう。

子供の会いたいなら、外で会えばいい話です。

 

さらに、

2022年1月28日の市村正親さんの73歳の誕生日には、

篠原涼子さんはお祝いに駆けつけているのです。

 

こういったことから、

お2人は離婚した今でも、

強い信頼関係で繋がっているのではないでしょうか。

 

子供への影響

 

篠原涼子さんと市村正親さんの子供は、

2022年3月現在で、

13歳と10歳の男の子2人

これからもっと多感な時期になるでしょうね。

 

篠原涼子さんと市村正親さんが離婚する時も、

お2人は子供の事を最優先に考えていました

 

離婚はしたけれども、

子供の父と母として、そして家族として、

円満な関係を保とうとしているのではないでしょうか。

 

あまり深く考えてない?

 

こう言っては失礼ですが、

篠原涼子さんって、演技や歌はバリバリですが、

少し天然なところがありますよね。

 

普通は、

テレビで「旦那さん」とか「主人」などと言うと、

世間がざわつくのは予想できますが、

それをサラッと言ってしまうというのは、

実はあまり深く考えていないのでは?と思いました。

 

それの根底には、

市村正親さんへの信頼というものがあるのは間違いないでしょう。

市村正親さんが結婚指輪を外さない理由は?

出典:newsポストセブン

一方の市村正親さんは、

篠原涼子さんと離婚したあとも、

結婚指輪を外していません

 

男性は、

結婚していても指輪をしない人がいる中、

離婚しても指輪を外さない理由は何なのでしょうか。

 

離婚はしたが「家族」という意識が強い

 

篠原涼子さんが女優の仕事をすることについて、

 

「君が仕事をすることに反対はしない」

「子育てより女優業を優先させることは許さない」

と言っていた市村正親さん。

 

この言葉には、

何よりも優先すべきは2人の息子であるという、

強い気持ちを感じますよね。

 

篠原涼子さんへの未練ではない?

 

「離婚したのに結婚指輪を外さない」

と聞くと、

「未練がましい」「執念深い」というイメージがありますが、

市村正親さんが指輪を外さないのは、

そういった理由ではないようです。

 

あくまで、

「家族という関係は、切れていないよ」

という思いからかもしれません。

 

ちなみに、

篠原涼子さんは結婚指輪を外しています

 

このあたりが、

男性と女性の差なのかもしれませんね。

 

篠原涼子さん、また恋愛したいみたいだからね

 

篠原涼子さんと市村正親さんは「新しい形のパートナー」

出典:https://www.google.com/

篠原涼子さんと市村正親さんの年の差は25歳

結婚した時は世間を驚かせましたね。

 

母となった篠原涼子さんですが、

江口洋介さんとの密会写真を撮られたり、

韓国のアイドル、グァンスさんとの不倫が報じられたこともありましたね。

 

こういったことも、

市村正親さんは不問にしていたそうで、

唯一のオキテは「子供を悲しませてはいけない」

ということだったそうです。

 

親が離婚しても、

「家族は家族」という新しい形を、

篠原涼子さん市村正親さん元ご夫妻は築いているのかもしれませんね。

まとめ

出典:https://www.google.com/

いかがでしたでしょうか。

 

今回の記事では、

女優の篠原涼子さんが市村正親さんのことを、

「旦那さん」「主人」と呼ぶ理由と、

市村正親さんが離婚後も結婚指輪を外さない理由について、

考察してみました。

 

本当の理由は、

当人にしか分かりませんが、

篠原涼子さんと市村正親さんは、

お2人の息子さんをとても大切にされているということと、

親が離婚しても、家族はつながっていると考えていることは、

間違いないのではないでしょうか。

 

まさか、同じ相手と再婚なんてことはないと思いますが、

何が起こるか分かりませんね。

 

現在のお2人の行動を見ると、

新しい家族の形を作っているように思います。

家族4人にとって、

幸せだと感じる時間をこれからも過ごして欲しいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆

ランキングに参加しています。

クリック↓で応援お願いします♬

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

アーティスト俳優・女優・声優
トレンディーヌ・ララをフォローする
Trendist☆~トレンディスト~

コメント

タイトルとURLをコピーしました