【小泉今日子】生卵事件とは?犯人は誰で動機は何?中森明菜が介抱した時の状況は?

アーティスト
スポンサーリンク

こんにちは、ララです☆

 

キョンキョンの愛称で知られる小泉今日子さん

 

2022年はデビュー40周年いうことで、

久しぶりに音楽活動を開始し、

コンサートも大盛況のようです。

 

そんな小泉今日子さんですが、

過去に「生卵投げつけられ事件」に見舞われたことがあったのです。

 

「生卵投げつけられ事件」とは、

どのような事件だったのでしょうか。

そして、事件の犯人は誰で、動機は何だったのでしょうか。

 

この事件に見舞われた小泉今日子さんを介抱したのは、

同じ「花の82年組」の一人、

中森明菜さんでした。

 

お2人が語った、

事件が起きた時の状況を見てみましょう。

スポンサーリンク

「生卵投げつけられ事件」とは?犯人や動機は?

出典:https://search.yahoo.co.jp/

小泉今日子さんが見舞われた、

「生卵投げつけられ事件」とは、

どのような事件だったのでしょうか。

 

観客が投げた生卵が小泉今日子さんに当たった

 

小泉今日子さんがデビュー1年目に出場した、

新人賞レース「新宿音楽祭」のステージで、

事件は起こりました。

 

フィナーレで出演者が勢ぞろいし、横一列に並んだ時、

客席から生卵が飛んできたのです。

 

その生卵が小泉今日子さんの頭にあたり

顔や衣装がグチャグチャになってしまったのだそうです。

 

この時の状況を想像すると、

小泉今日子さんのみならず、

他の出演者たちもとても怖かったと思います。

 

アイドルという華やかな存在ですから、

怖さに加えて、

屈辱的なものも感じたのではないでしょうか。

 

犯人は誰?動機は?

 

小泉今日子さんに生卵を投げつけた人物は、

「中森明菜さんのファンなのでは?」

という声が飛び交っていました。

 

「新宿音楽祭」は、

新人歌手対象の音楽祭で、

最高賞の「金賞」は原則2組が選ばれていました。

 

生卵投げつけられ事件があった1982年の新宿音楽祭で、

金賞を獲得したのは「シブガキ隊」と「小泉今日子さん」でした。

 

このことに嫉妬した中森明菜さんのファンが、

小泉今日子さんに嫌がらせをしたのでは、と見られていたのです。

 

しかし、

2022年のコンサートのパンフレットの中で、

小泉今日子さんは生卵投げつけられ事件に触れ、

「実は明菜さんファンの仕業ではなかった」

と語っているのです。

 

それが事実なのかどうかは分かりません。

本当にそうかもしれないですし、

中森明菜さんのファンや中森明菜さんご本人を庇っているのかもしれません。

 

キョンキョンって昔から男前な性格でしたが、

それは今も変わっていなくて、

本当に粋な性格だなと改めて感じます。

スポンサーリンク

小泉今日子さんを介抱したのは中森明菜さん

出典:https://search.yahoo.co.jp/

 

観客が投げた生卵が小泉今日子さんに当たったとき、

小泉今日子さんを助けたのは、中森明菜さんでした。

 

生卵を投げつけられた時の状況について、

小泉今日子さんと中森明菜さんは、

次のように語っています。

 

小泉今日子さん「明菜ちゃんが袖に連れて行ってくれた」

 

小泉今日子さんは、

事件当時の状況を次のように語っています。

 

「生卵をぶつけられてダラーッとなっていたら、随分遠くのほうに整列していた明菜ちゃんが、テレビに映っているにもかかわらず、ダーッと走ってきてくれて、ステージの袖に連れて行ってくれたんです」

引用:イザ! 

 

「ダラーッとなっていたら」という表現が、

いかにも小泉今日子さんという感じですね(笑)

 

それにしても、

自分も新人として出演していて、

しかも遠くに並んでいたにもかかわらず

小泉今日子さんに駆け寄ったという中森明菜さん

とても優しい人ですよね。

 

ってかスタッフゥゥーー!

しっかりしろーー!

アイドルを走らせるなーー!

 

小泉今日子さんファンと中森明菜さんファンには、

確執があったという話もありますが、

このときの2人を見ると、

金賞をどっちが取ったかで、

ファン同士がいがみ合うことが、

いかにバカバカしいことかと思ってしまいますね。

 

中森明菜さん「大変!と思ってステージ袖に連れていった」

 

一方の中森明菜さんは、

当時の状況を次のように語っています。

 

「あの頃は物が飛んでくるのがブームで、また飛んできたと避けていました」

「白っぽいものが飛んできて、誰かにぶつかったなって思ったら今日子ちゃんで、大変って思ったんです」

「私が行って、連れて行こうと思って、パーッとステージ袖に連れて行きました」

引用: イザ!

 

素晴らしい優しさと正義感ですよね。

 

この事件をきっかけに、

小泉今日子さんと中森明菜さんの仲は深まり、

お互いを最も信頼する関係になったそうです。

素敵ですよね。

 

小泉今日子さんは中森明菜さんのことを、

「あんなに優しい人はいない」と話しています。

本当にそうですよね。

とっさの時に本当の人柄って出るものですからね。

スポンサーリンク

まとめ

 

出典:https://search.yahoo.co.jp/

いかがでしたでしょうか。

 

今回の記事では、

1982年に起こった「生卵投げつけられ事件」について、

調べてみました。

 

◆小泉今日子さんに生卵を投げつけたのは中森明菜さんファンと見られていた

◆動機は受賞した小泉今日子さんへの嫉妬?

◆介抱にあたったのは中森明菜さん

◆のちに小泉今日子さんは中森明菜さんファンの仕業ではないと話す

◆この事件をきっかけにお2人の仲は深まった

 

1982年といえば、

まさに「アイドル全盛期」でした。

そして、一部には過激なファンもいたのでしょう。

 

小泉今日子さんが語ったように、

犯人は中森明菜さんのファンじゃなかったかもしれないですし、

そうだったのかもしれません。

そして、

小泉今日子さんを狙ったかどうかも分からないのです。

 

ひとつだけ真実だと言えるのは、

小泉今日子さんの危機を救ったのは、

中森明菜さんだったということではないでしょうか。

 

デビュー40周年という節目の年に、

歌手活動を再開した小泉今日子さん。

 

小泉今日子さんが「同士」と話す中森明菜さんですが、

中森明菜さんの歌声もまた聞きたいなと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆

スポンサーリンク

 

ランキングに参加しています。

クリック↓で応援お願いします♬

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アーティスト
トレンディーヌ・ララをフォローする
Trendist☆~トレンディスト~

コメント

タイトルとURLをコピーしました