【キャディー問題(ゴルフ)】大西葵と大江順一の会話内容!トラブルの発端と原因は?

スポーツ選手

こんにちは、ララです☆

 

2022年6月23日に行われた、

女子ゴルフ「アース・モンダミンカップ」で、

大西葵(おおにしあおい)選手と、

大江順一(おおえじゅんいち)キャディーの意見が対立し、

トラブルに発展した問題が、いまだ尾を引いていますね。

 

今回の記事では、

大西葵選手と大江順一キャディーの会話内容は、

どのようなものだったのか、

そして、このトラブルの発端と原因は何だったのか、

調べてみました。

 

さっそく見てみましょう。

トラブルの発端と原因は何だった?

 

大西葵選手と大江順一キャディーの、

意見が対立した発端と原因は何だったのでしょうか。

 

2打目がペナルティエリアに入ったことがトラブルの発端

 

事の発端は、

大西葵プロが17番(パー4)をプレー中の、

2打目の球がレッドペナルティーエリアに入ったことでした。

 

その次の展開について、

大西葵選手と大江順一キャディーの意見が対立したようですね。

 

大西葵選手の意見は?

出典:https://www.chunichi.co.jp/

 

大西葵選手は、

次のようなプレーをする意向だったようです。

≪大西葵選手の意見≫
レッドペナルティーエリアに打ち込んだ球が横切った地点から、
2クラブレングス(2本分のクラブの長さ)以内にドロップして、
4打目を打とうとした。

 

大江順一キャディーの意見は?

出典:Yahooニュース

 

大江順一キャディーは、

次のようなプレーを進言したようです。

≪大江順一キャディーの意見≫
球が元あ
った位置(2打目地点)に戻って、4打目を打つことを提案

 

ここで2人の意見が分かれたのですね。

 

看板を避けるための救済措置で意見が対立?

 

別情報では、

大西葵選手の2打目の球の目の前にあった、

スポンサーの看板を避けるための救済措置をめぐり、

競技委員を呼んで確認している時に、

2人の意見が対立して口論になったという話も出ています。

 

何が事実かは現在調査中とのことですので、

分かり次第、更新したいと思います。

 

【2022年6月29日追記】大江順一キャディーが明かした真相は?

 

大江順一キャディーは、

週刊文春の取材に応じ、

トラブルの真相を明かしました。

内容をまとめると次のとおりです。

◆2打目のミスショットのあと、元あった位置から打ち直すこともできるので、バッグを置いたままにして、球を探しに行った。

◆良かれと思って、同組のキャディーさんがバッグを持ってきてしまった。

◆「置いておいて欲しかった」と言ったら、大西葵選手に「せっかく持って来てくれたのに、そんな言い方しなくてもいいじゃん」と頭ごなしに言われた。

◆大声を出したり怒鳴ったりはしていない。

◆次のホールでは盛り上がって行こうと思っていたが、大西葵選手がキャディー交代を申し出たので、その時点で担当キャディーではなくなったため立ち去った。

 

これは大江順一キャディー側の主張であり、

大西葵選手にも言い分があるかもしれませんが、

2人の音声を聞く限りでは、

他の選手のプレー中に大声を出していたのは大西葵選手で、

大江順一キャディーは冷静だったことは明らかなんですよね。

 

いずれにしても、

選手とキャディーの信頼関係は、

本当に大切なものなんだなと思いますね。

大西葵選手と大江順一キャディーの会話の内容は?

 

大西葵選手と大江順一キャディーの会話内容は、

どのようなものだったのでしょうか。

 

別のキャディーがバッグを持ったことに納得いかず?

 

大江順一キャディーは、

大西葵選手がミスをしてしまった、

2打目からバッグを持たず、

他のキャディーが持っていたという話があります。

大西葵選手「何をそんなにイライラしてんの?」

大西葵選手「持ってきてくれてありがとうで終わりじゃん」

 

2022年6月29日追記↓↓

大江順一キャディーの話では、

ミスショットのリカバリーとして、

バッグを置いた場所から、4打目を打ち直す可能性があったため、

あえてバッグを運ばずに、置いておいたらしいのです。

 

他の選手がプレー中も口喧嘩

 

他の選手がプレイをしている最中にも、

大西葵選手と大江順一キャディーは言い合いが続きました。

大西葵さん「そういう意味じゃないじゃん」

大西葵さん「みんなの雰囲気悪くしてんじゃん」

大江順一さん「違う違う違う、選択肢は残しとかなアカンやん」

 

2022年6月29日追記↓↓

大江順一キャディーの言う「選択肢は残しておく」というのは、

元あった場所から4打目を打ち直す選択肢のことだったのでしょうね。

 

大西葵選手が号泣?

 

大西葵選手の打つ順番が来ましたが、

大西葵選手「・・・(ムスッ)」

と球を打つことをためらい、

肩で深呼吸をして落ち着こうをしていたようですが、

涙をぬぐう様子が見られましたね↓↓

出典:YouTube

 

大西葵選手が「バッグを持たなくてもいい」と発言

 

大西葵選手は、

なんとか球を打ちましたが、

その直後に、

大西葵選手「いいよ、それ」

と、大江順一キャディーにバッグを持たなくてもいいと、

大西葵選手の方から言っているようです。

この時大江順一キャディーはバッグを持とうとしていたようですが、

大西葵選手の言葉を受け、

大江順一キャディーはゴルフバッグから手を離し、

大西葵選手のバッグは、

他のキャディーが持ってくれています。

 

ドライバーをバッグに投げ入れる

 

移動を始めた大西葵選手でしたが、

他の選手のキャディーが持ってくれているバッグに、

大西葵選手は自身のドライバーを、

放り込むように投げ入れていますね↓↓

出典:YouTube

 

大西葵選手と大江順一キャディーの、

どちらが悪いということは置いておいて、

他の選手もいる中で、

不機嫌をまき散らしているのは、

いただけない行動ではないでしょうか。

まとめ

出典:Yahooニュース

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回の記事では、

大西葵選手と大江順一キャディーの間で起こったトラブルについて、

調べてみました。

 

当初、報道されていたような、

「大声を出してキレた」という内容について、

大江順一キャディーは否定していて、

情報が錯そうしていますね。

 

事実関係は調査中のようですが、

絶対的な信頼関係が必要な、選手とキャディーとの間に、

このような対立が起こったことは、

とても残念です。

 

真相はまだ分かっていないようですが、

ゴルフは紳士淑女のスポーツと言われていますし、

プレーする側も、観る側も、

楽しめるプレーを見せてくれることを願っています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆

 

ランキングに参加しています。

クリック↓で応援お願いします♬

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポーツ選手
トレンディーヌ・ララをフォローする
Trendist☆~トレンディスト~

コメント

タイトルとURLをコピーしました