【福田和子】生い立ちが悲惨!小学生で性的虐待!《松山ホステス殺人》

ニュース
スポンサーリンク

こんにちは、ララです。

 

1982年に同僚のホステスを手にかけ、

14年11カ月もの間逃亡を続けた、

逃亡者の福田和子

 

間もなく40年という月日が経とうとしていますが、

今までに何度もドラマ化されています。

それほど、

衝撃が大きく、

人々の記憶には色濃く残る事件でした。

 

今回の記事は、

福田和子の幼少期の悲惨な生い立ちについての話です。

スポンサーリンク

福田和子の生い立ち

 

福田和子が産まれてから幼少期まで、

どのような生活をしていたのか、

調べてみました。

 

福田和子|0歳~1歳

 

福田和子は、

1948年1月2日に、

愛媛県松山市で生まれました。

 

福田和子がまだ赤ちゃんの頃、

両親は離婚

福田和子は母に引き取られました

 

母は、

愛媛県川之江市の実家の納屋を改築し、

売春宿を経営していました。

 

福田和子|幼稚園児

 

福田和子の母は、

祖父母に福田和子を預け、故郷を出て行ってしまったのです。

スポンサーリンク

福田和子|小学2年生

 

福田和子の母は漁師の男性と再婚しました。

祖父母の反対を押し切り、

再婚先の「来島」に福田和子を連れていきました。

 

福田和子|小学4年生

 

島の排他的な雰囲気になじめず、引越。

 

福田和子の母は、昼は内職、夜は飲み屋勤めをしていて、

母が夜仕事に行くと、

義父は見知らぬ女を家に連れ込んでいたそうです。

 

夜中に福田和子が目を覚ますと、

真っ赤な口をした女が、

「あんたぁ、子供が起きたよぉ」と義父に言うと、

義父は「こらぁー寝とらんかぁ」思い切り殴られたそうです。

 

翌日、

母に殴られた理由聞くと、

母と義父は取っ組み合いのけんかが始め、

「このごく潰しが!出ていけ!」

外に放り出されたそうです。

スポンサーリンク

福田和子|小学6年生

 

福田和子は、

小学6年生の終わりに、

漁師町の小学校に転校しました。

 

住居は地方公務員宅の2階に間借りをしていました。

この頃には義父はいなかったそうです。

 

夜、母が仕事に出かけると、

階下から、母の恋人である浴衣姿のおじさんが上がってきて、

袂からお菓子を取り出し、

あぐらの上に福田和子を抱き上げ、頬ずりをしたそうです。

 

そういったことが続いた3度目、

福田和子はおじさんの前で裸になっていました

 

その翌日からは押し入れに隠れましたが、

トイレを我慢できずに見つかってしまいます。

 

おじさんに、

「いい子だね。お母さんには言わないでね」

「その代わり、おじさんが人形を買ってあげよう」

と言われ、

当時流行っていた「ミルクのみ人形」が欲しくて、

もらった3千円を握りしめ、

おじさんの手を我慢したそうです。

 

小学6年生にして、

福田和子は、

「女の体はお金になる」

ということを学ぶのです。

スポンサーリンク

「松山ホステス殺人事件」とは

 

知らない人は少ないかもしれませんが、

なんせ40年近く前の事件ですので、

「松山ホステス殺人事件」の内容を簡単に記しておきたいと思います。

 

◆被害者は、当時31歳のホステス

◆犯人は、元同僚の福田和子

◆犯行後、福田和子と夫は被害者の家財道具一式を運び去り逃走

◆被害者の遺体を、夫に手伝わせて松山市内の山中に遺棄

◆福田和子は整形手術で顔を変え、14年11カ月逃亡生活を続けた

◆時効の21日前の1997年7月29日に逮捕

◆2003年11月に無期懲役が確定

 

刑が確定した1年4カ月後の2005年3月、

福田和子は「脳梗塞」で57歳のとき死去しています。

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

歴史に残る「松山ホステス殺人事件」

今回の記事では、

福田和子の悲しすぎる生い立ちについて、

調べてみました。

 

◆幼い頃に両親は離婚

◆引き取られた母の実家は売春宿

◆小学2年生のとき義父から虐待される

◆小学6年生のとき母の恋人に性的虐待をされる

 

「殺人」という罪は決して許されることはありません。

それはひとまず置いておいて、

一人の女性として、人間として、

福田和子の生い立ちのあまりの悲惨さに、

同情というか、何とも言えず悲しい気持ちになります。

 

ほかの記事でも、

「松山ホステス殺人事件」をさらに深掘りしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース
トレンディーヌ・ララをフォローする
Trendist☆~トレンディスト~

コメント

タイトルとURLをコピーしました