【皆既月食2022】11月何日の何時頃に見える?何年ぶりで次に見えるのはいつ?

ニュース

こんにちは、ララです☆

 

月が完全に地球の影に入る「皆既月食(かいきげっしょく)」。

とても神秘的でめずらしい光景を、

楽しみにしている人は多いのではないでしょうか。

 

今回の記事では、

2022年11月に日本で皆既月食が見られる日にちと時間を調査するとともに、

次に皆既月食が起こる日にちも予習しておきたいと思います。

 

さっそく見てみましょう。

2022年に日本で皆既月食見られる日にちと時間は?

 

皆既月食が見られる日にちは、

2022年11月8日

時間は、

◆18時09分 部分月食始まり
◆19時16分 皆既月食始まり
◆19時59分 皆既月食最大
◆20時42分 皆既月食終わり

です。

今回は、約1時間半もの間、皆既月食が楽しめますね。

比較的早い時間ですので、小さいお子様も一緒に見られそうです。

 

2022年の皆既月食は5月26日にも起こりましたが、

残念ながら日本では見ることができませんでした。

2022年に皆既月食が見られるのは11月8日だけですので、

ぜひ空を眺めてみてくださいね。

 

何年ぶりの皆既月食?

 

前回の皆既月食は2021年5月26日の夜でした。

つまり、2022年11月8日の皆既月食は約1年半ぶりということになります。

 

さらに2022年は、

皆既月食と惑星食(天王星食)をセットで見ることができるのです。

 

≪惑星食とは≫
惑星の手前を月が通過し、惑星が月に隠されてしまう現象

 

皆既月食と惑星食がセットで起こるのは非常に珍しく、

日本で同時に見られるのは、1580年7月以来、442年ぶりなのです。

生まれた時期によっては、

一生見ることができない、皆既月食と惑星食のセット。

「皆既月食なら数年後でも見られるでしょ~」

なんて言ってられませんね!

次の皆既月食や部分月食はいつ?惑星食は?

出典ANNNEWS

 

この先、月食が起こる日時は以下のとおりです。

 

◆2023年10月29日  部分月食(日本の一部で見える)
◆2024年9月18日    部分月食(日本で見えない)
◆2025年3月14日    皆既月食(日本の一部で部分月食が見える)
◆2025年9月8日    皆既月食(日本で見える

 

きれいな皆既月食が見えるのは、

次回は2025年9月8日ということで、

3年ほど先になります。

 

さらに、皆既月食と惑星食がセットで起こるのは、

322年後の2344年7月です。

もうこれは、今年見るしかないですね!

 

皆既月食とは?

 

11月8日の皆既月食を前に、

あらためて、皆既月食とはどのような状態を言うのか、

おさらいしておきたいと思います。

 

≪皆既月食とは≫
◆太陽からの光によってできた地球の影の中に月がすっぽり入り、月全体が暗くなる現象

出典:キャノングローバル

 

つまり、「太陽」「地球」「月」が一直線上にある状態ですね。

当然のことながら、皆既月食の時、月は常に満月です。

そして、地球にすっぽり隠れた月は、

完全に暗くなるわけではなく、

わずかに赤みを帯びて見えるのです。

この神秘的な現象は必見ですね。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回の記事では、

2022年11月の皆既月食の日時と、

次の皆既月食はいつなのか調べてみました。

 

◆11月8日午後7時16分~午後8時42分に皆既月食が起こる

◆さらに皆既月食と惑星食をセットで見られる

◆皆既月食が起こるのは約1年半ぶり

◆惑星食とのセットは442年ぶり

◆次の皆既月食は約3年後

◆惑星食とのセットは約322年後

 

「皆既月食」という珍しい天体ショーを見られるのは、

とてもワクワクしますね。

さらに2022年11月は惑星食とセットで見られます。

このセットは一生に一度だけしか見られませんので、

ぜひ目に焼き付けてくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆

ランキングに参加しています。

クリック↓で応援お願いします♬

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ISE
ニュース
トレンディーヌ・ララをフォローする
Trendist☆~トレンディスト~

コメント

タイトルとURLをコピーしました