【YU-KI(ゆーき)/TRF】声が出なくなった理由は何?喉の病気か老化?

アーティスト

こんにちは、ララです☆

 

TRFのメインボーカル、YU-KI(ゆーき)さん

TRFの結成から30年とは思えないほど、

若々しいビジュアルで、

歌とダンスも素晴らしいですよね。

 

そんなYU-KIさんですが、

最近「声が出ていない」と厳しい声があるようです。

YU-KIさんの声が、

昔のように出なくなった理由は何なのでしょうか。

 

さっそく見てみましょう。

YU-KIの声が出なくなった理由(原因)は?

 

YU-KIさんの声が、

以前より出なくなった理由は何なのでしょうか。

 

「声帯結節」を患っていた

 

YU-KIさんは2018年頃に、

喉の病気である「声帯結節(せいたいけっせつ)」を患っていたことを、

DJKOO(ディージェイコー)さんがSNSで明かしています。

出典:https://twitter.com/

 

【声帯結節ってどんな病気?】
◆左右対称に声帯にこぶができる状態
◆歌手や歌を習っている人はなりやすい
◆発症すると声がかすれたり、長時間話すのがつらくなる

 

DJKOOさんの投稿によると、

「YU-KIさんは声帯結節を乗り越えた」とありますが、

今も喉に極力負担をかけないように、

高音を出したり、

声を伸ばした歌い方は避けているような印象ですよね。

 

もともと高音が苦手

 

YU-KIさんは、

もともと高音が苦手だそうです。

 

小室哲哉さんが手がける楽曲は、

高音が随所に散りばめられているため、

苦しそうに歌っている印象はあります。

 

デビュー初期の頃は、

口パクも多かったというYU-KIさん。

中期からは、ライブでは無理をせず、

キーを下げて歌っているようですね。

 

ところが、

テレビ番組に出演するときは、

ほぼ原曲キーのまま歌っているようですね。

視聴者は、

デビュー当時や、CD音源のイメージがあるため、

「高音が出なくなった」という印象があるのかもしれません。

 

喉を絞った歌い方

 

YU-KIさんの声は、

とても綺麗な声質ですよね。

 

ただYU-KIさんは、

喉を絞った歌い方をするクセがあるそうです。

大きな声や高音を出そうとしたときに、

喉に力を入れると、

声帯周りの筋肉が緊張してしまい、

聴いてる方も「苦しそうだな」と感じますし、

喉にも負担がかかるそうです。

 

声量が少ない

 

YU-KIさんは、

もともとあまり声量があるシンガーではないようです。

その反面、とてもよく通る綺麗な声質ですよね。

 

出典:日刊スポーツ

YU-KIさんの才能を見出した小室哲哉さんは、

次のように評しています。

「声がカイリー・ミノーグに似ているのが印象的だった」

「声色と歌い方がシンセサイザーの音色にすごく馴染む」

「リズム乗りが日本語でもいける」

 

YU-KIさんは、

もともとパワフルな歌い方をするシンガーではないことと、

上述した高音が苦手という点もあり、

「声が出ていない」という印象になっているのではないでしょうか。

ですが、それをカバーする煌びやかな声質を、

YU-KIさんは持っていると思います。

 

 

 

まとめ

出典:https://smart-flash.jp/

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回の記事では、

TRFのボーカルであるYU-KIさんの、

声が出ていない理由について調べてみました。

 

◆声帯結節を患っていた

◆もともと高音が苦手

◆喉を絞って歌うクセがある

◆声量が少ない

◆デビュー初期は口パクだったことも

 

「EZ DO DANCE」で一躍有名になったTRF。

YU-KIさんの魅力的なボーカルはもちろん、

YU-KIさんを含む4人のダンスと、

DJKOOさんのカッコイイDJには、

度肝を抜かれましたよね。

 

今年(2022年6月)で、55歳になるYU-KIさん

この年齢にして、

このパフォーマンスができる人は、

ほかにはいないのではないでしょうか。

これからも素敵な歌声とダンスを披露して欲しいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆

 

ランキングに参加しています。

クリック↓で応援お願いします♬

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

アーティスト
トレンディーヌ・ララをフォローする
Trendist☆~トレンディスト~

コメント

タイトルとURLをコピーしました