【芦田愛菜】父母の職業や学歴は?両親はどんな育て方(教育法)をした?

俳優

こんにちは、ララです☆

 

女優の芦田愛菜(あしだまな)さんが、

慶應義塾大学の医学部に、

内部進学することが内定したと報じられましたね。

 

この報道が本当かどうかはさておき、

芦田愛菜さんがとても優秀で品性のある女性なのは、

誰もが感じるところではないでしょうか。

 

そんな芦田愛菜さんを育てた父親や母親は、

いったいどんな方なのでしょうか。

 

さっそく見てみましょう。

芦田愛菜さんの両親の職業は?

 

芦田愛菜さんの両親の職業は何なのでしょうか。

 

父は三井住友銀行の支店長!?

 

芦田愛菜さんの父親は、

メガバンクに勤めていると報じられています。

 

【3大メガバンク】
◆三井住友銀行
◆三菱東京UFJ銀行
◆みずほ銀行

 

芦田愛菜さんの父親、芦田博文さんは、

大学卒業後、三井住友銀行に就職されていて、

42歳という若さで支店長になったそうです。

同期の中でもトップ昇格だったそうですよ。

 

そしてこれまで、

複数の支店で支店長を務めています。

 

◆亀戸支店       支店長(2010年~2012年)
◆都立大学前支店    支店長(2012年~2014年)
◆吉祥寺支店      支店長(2014年~2017年)
◆相鉄エリア(支店不明)支店長(2017年~2019年)
◆千葉エリア(支店不明)支店長(2019年~)

 

「次期頭取候補」とも言われている、

芦田博文さん。

まさにエリート家族ですね。

 

母は父親の元同僚で現在は芦田愛菜さんのマネージャー

 

芦田愛菜さんのお母様は、

父親の芦田博文さんの2歳年下と言われています。

 

【父親】 1970年生まれ(51歳前後/2022年現在)
【母親】 1972年生まれ(49歳前後/2022年現在)

 

芦田愛菜さんの母親は、

父親の芦田博文さんの元同僚だそうです。

つまり、三井住友銀行の行員だったということですね。

 

そして現在は、

芦田愛菜さんのマネージャーを務めていて、

芦田愛菜さんのデビュー作である、

ドラマ「Mother」で共演した女優の高畑淳子さんは、

「とても礼儀正しくて気配りができる方」

と語っていました。

 

ステージママにありがちな、

「子供の仕事に口を出す」ということはいっさいせず、

隅の方で芦田愛菜さんを見守る人で、

周囲からも絶賛されていたそうです。

とても聡明な母親であることが分かりますね。

芦田愛菜さんの両親の学歴は?

 

芦田愛菜さんが通っている高校は、

偏差値76の慶應義塾女子高等学校

そして、慶應義塾大学医学部に進学するという噂も出ていますね。

そんな芦田愛菜さんの両親は、

どのような学歴の持ち主なのでしょうか。

 

父親は早稲田大学商学部卒

 

芦田愛菜さんの父親である芦田博文さんは、

早稲田大学商学部出身であると言われています。

 

早稲田大学商学部は、

65.0~70.0と高い偏差値の難関私立大ですね。

 

そして早稲田大学卒業後は、

メガバンクのひとつである三井住友銀行に就職されていますので、

優秀な人材であることは間違いありません。

 

芦田愛菜さんの母親の出身大学は不明です。

芦田愛菜さんのお母様が三井住友銀行に就職したのは、

バブル崩壊直後ですので、

就職難の時代に三井住友銀行に就職されたということは、

母親も優秀な人物であると予想されます。

両親の教育法(育て方)がスゴイ!

出典:https://www.instagram.com/

 

芦田愛菜さんは、

頭脳明晰かつ品性のある素敵な女性ですよね。

子供を持つ親は、

「どうやったら、芦田愛菜さんみたいな子供に育つの?」

と思う人も多いのではないでしょうか。

 

7つの言葉を徹底して教えた

 

芦田愛菜さんの母親は、

芦田愛菜さんに「7つの言葉」を徹底して教えたそうです。

 

【7つの言葉】
◆「おはよう」
◆「さようなら」
◆「ありがとう」
◆「ごめんなさい」
◆「わかりません」
◆「知りません」
◆「お願いします」

 

挨拶や感謝の言葉を幼少期よりしっかり学び、

素敵な女性に成長されたのですね。

 

幼少期から読書を薦めた

 

芦田愛菜さんのご両親は、

幼少期から読書を薦め

芦田愛菜さん本人も興味を示し、

現在も「読書は歯磨きや入浴と同じ」と語るほど、

本は身近な存在だそうです。

 

読書をすると、

ボキャブラリーや思考力もつきますので、

まさに読書は芦田愛菜さんのルーツと言えるかもしれませんね。

 

子供に徹底的に向き合う

出典:https://www.instagram.com/

 

お母様は、

「子供の『なんで?』に徹底して付き合う」

「子供の興味にとことん本気で向き合い応援する」

というのがモットーだそうです。

 

これは、

分かっているけれどなかなかできない親がほとんどですよね。

 

「あとでね」と言って、そのまま忘れちゃう~

「時間を有効活用するように」

 

3歳で芸能界入りを果たし、

忙しい中、中学受験をした芦田愛菜さん。

受験勉強をするときには、

母親から「時間を有効活用するように」

と言われていたそうです。

母親の教えを、小学6年生で実行した芦田愛菜さん。

素晴らしいですね。

 

父親の教えが座右の銘に

 

芦田愛菜さんの父親、芦田博文さんは、

王貞治さんの言葉を芦田愛菜さんに教えたそうです。

 

「努力は必ず報われる。報われない努力があるとすれば、それはまだ努力とは言えない」

 

芦田愛菜さんは、

この言葉を座右の銘にしているそうです。

 

2歳から「お手伝い」3歳で「魚をさばく」

 

芦田愛菜さんは、

2歳の頃からお手伝いをしていたそうです。

 

そして、

3歳で既に魚がさばいていたそうです。

 

「あぶない」「自分がした方が早い」と、

積極的にお手伝いをさせない親もいる中、

幼少期からお手伝いをさせて、

自立することを教えていたご両親は、

親の鑑ですよね。

まとめ

出典:https://www.instagram.com/

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回には、

女優の芦田愛菜さんの両親の職歴や職歴、

そして芦田愛菜さんをどのような教育法で育てたのか、

調べてみました。

 

◆父親は三井住友銀行の支店長のエリート

◆母親は芦田愛菜さんのマネージャーで、父親の元同僚

◆「挨拶」「感謝」を言葉にすることを教えた

◆本気で子供と遊び、全力で応援する姿勢

 

「マ~ルマルモリモリ」とかわいく踊っていた愛菜ちゃん。

現在は、「高校生が目指している人1位」に選ばれるほど、

すばらしい女性になりましたね。

 

それは、

両親の育て方の賜物であることは間違いないですね。

 

これからの活躍も楽しみにしたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆

 

ランキングに参加しています。

クリック↓で応援お願いします♬

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

俳優
トレンディーヌ・ララをフォローする
Trendist☆~トレンディスト~

コメント

タイトルとURLをコピーしました