【激レア】篠田直哉(メモ少年)学歴やロバートファンになったきっかけとディレクターになった理由は?

テレビ番組

こんにちは、ララです☆

 

ロバートが好きすぎて、

テレビ局のディレクターになった、

メモ少年こと、篠田直哉(しのだなおや)さん

 

小学5年生でロバートにハマり、

大学時代には毎週ライブに通いロバートからは怖がられていたようですが、

小さい頃からの夢を叶え、

ロバートと一緒に仕事をするまでになりました。

 

今回の記事では、

そんな篠田直哉さんのプロフィールと、

何がきっかけでロバートファンになったのか、

また、「メモ少年」と呼ばれる理由と、

現在テレビ局のディレクターになった理由について、調べてみました。

 

さっそく見てみましょう。

篠田直哉さんのプロフィール!高校や大学がスゴイ!

出典:https://www.nagoyatv.com/

 

篠田直哉さんのプロフィールを見てみましょう。

 

◆名前     篠田直哉(しのだなおや)さん
◆出身地    大阪府高槻市
◆生年月日   1996年5月12日生まれ(26歳/2022年8月現在)
◆出身高校   池田高校 (偏差値63)
◆出身大学   法政大学
◆職業     メ~テレ(名古屋テレビ放送)ディレクター

 

篠田直哉さんがロバートを好きになったきっかけは?

出典:ドカント

 

篠田直哉さんが、

ロバートにハマったきっかけを見てみましょう。

 

きっかけはDVDで「トゥトゥトゥサークル」に見たこと!≪動画≫

 

篠田直哉さんがロバートにハマったのは、

「ロバートライブ2006」というDVDを借り、

「トゥトゥトゥサークル」というネタを見たことがきっかけでした。

コチラがそのネタです↓↓

 

もう16年も前のネタですが、

今見ても、めちゃくちゃおもしろいですよね。

 

ロバートファンになったのは小学5年生の夏休み

 

篠田直哉さんは小学5年生の夏休みに、

あまりに暇すぎてTSUTAYA(ツタヤ)に行ったそうです。

特に借りたいDVDがなく、

「ロバート見てみるか」

と思いつき、

「ロバートライブ2006」をレンタルしたところドハマりして、

4週連続で同じDVDを借りたそうです。

それを見た母親に、

「そんなに借りるなら買いなさい」

と言われ、最終的には購入したそうです。

 

このDVDに出会う前の篠田直哉さんは、

おとなしい性格で、友達も少なかったそうですが、

夏休み明けにみんなの前で「トゥトゥトゥサークル」のネタを真似すると、

同級生たちもハマり、

実際に「トゥトゥトゥサークル」まで作ったそうです。

「メモ少年」と呼ばれている理由は?

出典:TVガイド

 

篠田直哉さんが「メモ少年」と呼ばれる理由は、

中学2年生の時に、

「ロバート企画」というライブに行き、

「いつでも読み返して笑いたい」

という理由でライブ中にメモを取っていたことから、

ロバートから、

「あのメモをしている少年はなんだ?」

とツッコまれたことから、

「メモ少年」と呼ばれるようになったそうです。

 

出典:https://www.google.com/

メモを取っていたことに加え、

篠田直哉さんは秋山竜次さんの顔がプリントしたTシャツを着ていたため、

客席の中では相当目立っていたようですね。

 

その後、秋山竜次さんから、

「そんなにメモ取っているなら、マネージャーになって」

と言われ、

篠田直哉さんはロバートのマネージャーになることを決意したそうです。

秋山竜次さんは冗談で言ったそうなのですが、

この言葉をきっかけに篠田直哉さんは猛勉強し、

大阪にある偏差値63の高校に進学したのです。

 

最終的に、

篠田直哉さんはロバートのマネージャーにはなりませんでしたが、

「ロバートの元ストーカーがテレビ局員になる。~メモ少年~」

という本まで出版しています。

 

 

 

テレビ局のディレクターになった理由は?

 

高校卒業後、

篠田直哉さんはロバートを追いかけて、

東京の大学に進学しました。

 

出典:https://www.google.com/

大学時代、

学園祭の実行委員になり、

お笑いの責任者になった篠田直哉さん。

そこで、ロバートの単独ライブを開催すると、

3000人ものお客さんが詰めかける大盛況となりました。

 

それまでは、

「ロバートのマネージャーになりたい」

と思っていた篠田直哉さんが、

この学園祭をきっかけに、

「ロバートと一緒に、番組を作る仕事をしたい」

と言う考えを持ち始め、

テレビ局への就職を志すようになったそうです。

 

数あるテレビ局の中で「メ~テレ」を選んだ理由は、

「メ~テレのレギュラー番組にロバートが出演していたから」

ということで、

篠田直哉さんの選択ひとつひとつが、

ロバートに関係している事が分かりますね。

 

そして篠田直哉さんはとうとう夢を叶え、

秋山竜次さんが出演する「唐沢佐吉のメ~テレ大爆発TV!!」で、

初めてディレクターを務めました

小さい頃からの夢がかなった瞬間は、

とても嬉しかったでしょうね。

まとめ

出典:PRTIMES

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回の記事では、

「メモ少年」こと、メ~テレのディレクターである篠田直哉さんについて、

調べてみました。

 

◆小学5年生の時にロバートのDVDを借りてドハマり

◆ライブに通いネタをメモしていたことからロバートに「メモ少年」と命名される

◆ロバートのマネージャーになるために進学校に

◆ロバートを追いかけて東京の大学に進学

◆学園祭で実行委員をしたことをきっかけにテレビ局のディレクターになる

 

ロバートのすべてのネタを完コピできるほど、

ロバート愛がものすごい篠田直哉さん。

大学時代は毎週ロバートのライブに通っていたというのも、

スゴイですね。

 

青春のすべてをロバートにささげ、

「ロバートと一緒に番組を作る」という、

小さい頃からの夢を叶えた篠田直哉さん。

本当に素晴らしいですよね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆

 

ランキングに参加しています。

クリック↓で応援お願いします♬

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

テレビ番組
トレンディーヌ・ララをフォローする
Trendist☆~トレンディスト~

コメント

タイトルとURLをコピーしました